非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

JPSAショートボード第5戦『第22回I.S.U茨城サーフィンクラシック さわかみ杯』終了!

2017-10-10 更新
20171010jpsa3


台風の影響で延期になっていたJPSAショートボード第5戦『第22回I.S.U茨城サーフィンクラシック さわかみ杯』が10月5日〜8日に茨城県の大洗で開催。
水族館前は地形が悪いために今年も南側のリーフ混じりの磯場を舞台に行われ、加藤嵐(写真最上部)&西元梨乃ジュリが優勝!

イベント前半はスモールコンディションに風の影響も入った難しい波、後半は低気圧からの大きな東よりのウネリが入り、軽く頭オーバーはあるパワフルでクセのある波で進行。
サーフボードが折れてしまうようなハードコンディション、逆にプロツアーらしい見応えある戦いになりました。

この難しい状況に番狂わせが続出、カレントリーダーの辻裕次郎、大野修聖、カリフォルニアからのスポット参戦、小林桂などが早いラウンドで敗退。

一方、若い選手の活躍が目立ち、宮崎県のお倉ヶ浜で開催された『2017 VISSLA ISA World Junior Surfing Championship』で日本人初の個人金メダルを獲得した安室丈がファイナル進出。
昨年のグランドチャンピオン、加藤嵐と対戦して序盤にリード。
しかし、バックアップを見つけられないまま、加藤嵐がフロントサイドでパワフルなターンを重ねて7.67。後半には5.60のトータル13.27。
チャンピオンの風格を感じる試合運びで今シーズン2勝目。
早いラウンドで敗退した種子島の穴を埋め、トップの座を奪い返しました。

20171010jpsa6


波が上がる前の金曜日にヒートが進行した女子も難しい波に番狂わせがあり、ランキング2位の脇田沙良がR1、ディフェンディングチャンピオンの川合美乃里がR2で敗退。
一方、カレントリーダーの西元梨乃ジュリ(写真上)が新島、種子島に続き、3戦連続でファイナル進出。
種子島で抑えられた橋本恋と再対戦して序盤からリードをキープして逃げ切り優勝。
痛い敗退となった脇田沙良とのポイント差を広げ、初のグランドチャンピオン獲得に王手をかけました。

なお、コンテスト開催中に児玉涼、佐藤魁のサーフボードとウェットスーツが盗難の被害に遭ったそうです。
彼らや他選手のInstagramに写真などが掲載されているので、発見にご協力を。

JPSAショートボードシリーズは、仙台新港での最終戦まで3週連続で開催。
次の第7戦『CHIBA ICHINOMIYA PRO supported by 湾岸画廊』は10月12日〜15日。
舞台は千葉県の釣ヶ崎海岸、通称志田下です。

JPSAショートボード第5戦
『第22回I.S.U茨城サーフィンクラシック さわかみ杯』結果
1位 加藤嵐
2位 安室丈
3位 西修司、安井拓海

女子
1位 西元梨乃ジュリ
2位 橋本恋
3位 庵原美穂、野中美波

JPSA公式サイト

20171010jpsa1
(優勝した加藤嵐&西元梨乃ジュリ)

20171010jpsa2
(加藤嵐は今シーズン2勝目)

20171010jpsa4
(JPSAでも頭角を現した安室丈)

20171010jpsa5
(女子は2戦続けて同じファイナリスト)

20171010jpsa7
(スポット参戦の橋本恋は出場すると必ず上位)

20171010jpsae1
(エクスプレッションセッション)

20171010jpsae2
(エクスプレッションセッション)

20171010jpsae3
(エクスプレッションセッション)

photo: 日本プロサーフィン連盟(JPSA)

「コンテストリポート」一覧へ


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。
非会員フッターPR枠用