非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

ミック・ファニングとベサニー・ハミルトンがサーフィン界の殿堂入りへ(WSLコラム)

2017-04-20 更新
wsm170420a
Photos: Surfers’ Hall of Fame

プロ野球などでよく耳にする「殿堂入り」。殿堂入りとは特定の分野において、功績を残した人物が選出されるものであり、サーフィン界における殿堂入りの名称は「Surfers’ Hall of Fame」。

スターの手形が並ぶハリウッドのチャイニーズシアター同様、カリフォルニアのハンティントンビーチには、殿堂入りを果たしたサーフィン界のスーパースターの手形と足形があるのです。

そんな名誉ある称号を与えられる今年のサーファーが、先日発表されました。殿堂入りすることとなったのは、ベサニー・ハミルトンと3×ワールドチャンピオンのミック・ファニング。言わずと知れた二人ですね。

2003年に地元カウアイ島でシャークアタックに遭い、片腕を失ったベサニー。しかし、片腕になってもサーフィンを続け、昨年はワイルドカード出場したフィジーでのワールドツアーイベントで3位の成績を残しています。つまり、片腕にも関わらず、世界トップレベルの女性サーファーということです。

ミックは3度もコンテストサーフィンの頂点に立ったサーファー。しかし、2004年にはハムストリングスの断裂により半年も海から離れたりと、選手生命を脅かす怪我に見舞われたこともあるものの、決して屈することなく復帰を果たしてワールドタイトル獲得に至ります。

今年選出された二人に共通しているのは、共に素晴らしいカムバックストーリーの持ち主という点。二人とも現在はサーフスターでありながら、その過程において苦難に立ち向かい、乗り越えてきたという事実から勇気づけられる方も多いので、殿堂入りも納得ではないでしょうか。

参考までに、これまでに殿堂入りしたサーファーのリストは下記となります。

wsm170420b
via via Surfers' Hall of Fame


参照記事:「Mick Fanning and Bethany Hamilton Inducted Into 2017 Surfers’ Hall of Fame

World Surf Movies
http://world-surf-movies.com

BCM限定コラムのバックナンバーはコチラ


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。
非会員フッターPR枠用