非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

『Taiwan Open World Longboard Champs』終了!今年のロングボード・ワールドチャンピオンは?

2018-12-02 更新
2018122lt1
PHOTO:© WSL/Barripp

昨年はパプアニューギニア、台湾の2イベントのトータルで争われたWSLのロングボード・ワールドタイトル。
テイラー・ジェンセン(USA)が3度目のワールドタイトル、ウィメンズは18歳のホノルア・ブロムフィルド(HAW)が2015年のレイチェル・ティリー(USA)に並ぶ最年少記録でワールドタイトルを獲得していました。

今年は台湾での1イベントに戻り、台東「Jinzun-Harbor」(金樽漁港)で11月26日〜12月2日に開催。

ディフェンディングチャンピオンのエドゥアルド・デルペーロ(FRA)はQFでカイ・サラス(HAW)に敗退。
テイラー・ジェンセン(USA)はSFまで勝ち上がったものの、バックサイドで長いノーズライドをメイクして9.50のハイエストスコアを出したスティーブン・ソーヤー(ZAF)に完敗。
ファイナリストは2016年以来、2度目のファイナル進出を決めたスティーブン。
現在のハワイアンの中で最もタイトルに近い選手、カイのマンオンマン。

2018122lt3
(会場の金樽漁港)
PHOTO:© WSL/Bennett

BCMの海外波情報でもお馴染みの金樽漁港は公式2-3ftレンジのグッドコンディション。
ロングボーダーには夢のような波に恵まれ、8.17のハイスコアと7ポイント台のバックアップを揃えたスティーブンが優勝。
初のワールドチャンピオンに輝きました!

「2016年は2度目のワールドチャンピオンシップで十分な準備が出来ていなかったよ。だから、今年は確実にしてきたんだ。カイ、テイラー、ハーレー。自分のヒーローでもある彼らと対戦するのは非現実的だし、まだ信じられないよ。ファイナルの相手、カイが次々と他の選手を倒す姿を今週ずっと見ていたから、ファイナルは緊張したね。でも、ビーチからチームのクルーが素晴らしい応援をしてくれたおかげで自分らしいパフォーマンスが出来て良かった」

2018122lt2
PHOTO:© WSL/Hain

スティーブンはショートボードでも活躍しており、なんと!2016年にはJ-BayでのCTのローカルトライアルで優勝してワイルドカードで出場した経験があります。

「父がシェイパーで自分のサーフボードを作ってくれるんだ。最近完成したサーフボードはとても良くて全てのイベントで上手くいったのさ。台湾は2度目。素晴らしい場所だし、最高の波だね。今までのサーフトリップの中でも最高だよ。この優勝でもっと特別になった」

2018122lt4
PHOTO:© WSL/Barripp

ウィメンズは2015年のワールドチャンピオン、レイチェル・ティリー(USA)と17歳のソレイユ・エリコ(USA)がファイナリストに選ばれ、レイチェルが先行。最初の10分でトータル14.27を揃えていましたが、ソレイユはマリブで育ったトラディショナルなライディングで7.73。更にラスト10分にはハングテンを披露して8.23をスコア。トータル15.96で逆転に成功、初のワールドタイトルを獲得しました。

「今は言葉が見つからないわ。現実とは思えない。今までの努力が報われて本当に嬉しい。素晴らしい一週間だった。正直、こんな結末になるなんて一度も思わなかったわ。昨年よりも上手くやりたかっただけなの。レイチェルとは何度も対戦しているし、ファイナルで当たって最高だった。彼女は凄いサーファーであり、強敵。倒すのは難しいと思い、想像通りに最初は抑えられていたわ。逆転可能な波を見つけて本当に嬉しかった。さっきも言った通り、まだ現実感はないけどね」

2018122lt5
PHOTO:© WSL/Hain

レイチェルとホノルアが持つ18歳の最年少記録を更新したソレイユ。
この勝利は火災で多大な被害に遭ったマリブに捧げるとコメント。

「家族や友人、特に一緒にここに来て私のキャリアをサポートしてくれた両親には感謝したい。コーチのテイラー・ジェンセンが居なければ、今日この舞台には立っていないでしょう。彼は本当に素晴らしいわ。このイベントに参加していたウィメンズの選手は全て憧れの人。彼女達とサーフィンしたことは名誉。故郷のマリブは最近火災で大変だったわ。だから、この勝利をマリブに捧げたいと思う。早く家に戻りたいわ」

2018122lt6
PHOTO:© WSL/Barripp

なお、今年は3名の日本人選手が参加。
井上鷹、岡田匡平はR2敗退。
吉川広夏(写真上)はR3敗退に終わっています。

12月3日〜9日は同会場で世界一のジュニアを決める『World Junior Championships』が開催。
アジアリージョナル代表は和井田理央、西優司、金沢呂偉、 安室丈、田中透生。
女子は松田詩野、野中美波、脇田紗良。

『Taiwan Open World Longboard Champs』結果
1位 スティーブン・ソーヤー(ZAF)
2位 カイ・サラス(HAW)
3位 テイラー・ジェンセン(USA)、コール・ロビンズ(USA)

ウィメンズ
1位 ソレイユ・エリコ(USA)
2位 レイチェル・ティリー(USA)
3位 ホノルア・ブロムフィルド(HAW)、トリー・ギルカーソン(USA)

WSL公式サイト

「コンテストリポート」一覧へ


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。


非会員フッターPR枠用