非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

意識不明のサニー・ガルシアと家族を支援するクラウドファンディングがスタート(WSMコラム)

2019-05-16 更新
Sunny_Garcia_1
2000年ワールドチャンピオンであり6×トリプルクラウンチャンピオンであるレジェンドハワイアンサーファーのサニー・ガルシア。

そのサニーが現在、オレゴン州ポートランドの病院で生死の境をさまよっている事実は、数多くのサーファーが耳にしている事だと思います。

サーフィンのワールドツアーを運営するWSL(ワールドサーフリーグ)やサニーの旧友がサニーがICU(集中治療室)に運ばれたと伝えていますし、数々のトップサーファーが応援メッセージをSNS投稿しているためです。

始まりとなったのは2019年4月29日、報道によればサニーが首を吊って自殺を試みたためです。意識不明となったサニーが発見され、病院に搬送されてからの情報は極めて限られています。

このような事態になった一因として見られるのが、サニー本人がSNSで発表していたうつ病であることが考えられます。まるで自分自身を鼓舞するかのよう、4月には以下のようなSNS投稿も行っていました。


さて、ここからが本題ですが、サニーが入院してからサニーの家族はホームであるハワイを離れ、昼夜問わずサニーや互いをサポートし合っていると言います。

しかし、現実的な問題として直面することになるのが金銭面。仕事をすることができないばかりか、現地での滞在費など莫大な金銭的負担が強いられる事となります。

Sunny_Garcia_2
そこでサーフコミュニティに対してサニー一家への支援を求めるクラウドファンディングがスタートしました。目標額は15万ドル(現為替価値で約1,644万円)。支援の最小金額は5ドルから可能となっています。

例えば、最少額となる5ドルであっても、3万人が救いの手を差し伸べれば目標額に達成可能なので、サーファー一人一人の小さな支援が大きな支援へと繋がります。

興味のある方は下記リンク先からチェックして見て下さい。

クラウドファンディング「gofundme
All Photos by gofundme

World Surf Movies


https://world-surf-movies.com
BCM限定コラムのバックナンバーはコチラ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。