非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

今年秋にジョン・ジョン、ステファニーが木崎浜にやって来る!?

2019-06-14 更新
2019611isa
ジョン・ジョン・フローレンス
PHOTO: © WSL/Cestari

2020年東京オリンピックの追加種目サーフィン。
男女共に20名の限られた枠に誰が入るのか興味がある方も多いでしょう。

開催国の日本は最大3名。
その他の国は最大2名で、選考基準の優先度では2019年CTランキングが一番でトップ10、ウィメンズはトップ8に入り、各国上位2名。
2番目は2020年の『ISA World Surfing Games』、3番目は2019年9月7日〜15日に宮崎県・木崎浜で開催される『ISA World Surfing Games』、最後に2019年にリマで開催される『Pan American Games』

1. 2019年CTランキング
2. 2020年ISAワールドサーフィンゲーム
3. 2019年ISAワールドサーフィンゲーム
4. 2019年パンアメリカン競技大会

つまり、参加選手はまだ白紙状態。
これから枠が埋められてくることになりますが、その第一歩とも言える発表が現地時間6月10日、カリフォルニアのラホヤに本拠地を置くISA(国際サーフィン連盟)からありました。

今回の発表は宮崎県・木崎浜で開催される『ISA World Surfing Games』に出場するCT選手。
6月上旬に終了したCT第4戦『Margaret River Pro』後のランキングを元に各国の上位最大3名が指名され、2020年東京オリンピックに出場するには、病気や怪我でない限り、出場を受け入れるのが条件。

以下、各国の出場選手。

■オーストラリア
ライアン・カリナン、ジュリアン・ウィルソン、オーウェン・ライト
ステファニー・ギルモア、サリー・フィッツギボンズ、ニッキ・ヴァン・ダイク

■ブラジル
イタロ・フェレイラ、フィリッペ・トレド、ガブリエル・メディナ
タティアナ・ウェストン・ウェブ、シルヴァナ・リマ

■コスタリカ
ブリッサ・ヘネシー

■フランス
ジェレミー・フローレス、ミシェル・ボウレズ、ジョアン・ドゥルー
ジョアン・ディファイ

■イタリア
レオナルド・フィオラヴァンティ

■日本
五十嵐カノア

■ニュージーランド
リカルド・クリスティ
ペイジ・ハレブ

■南アフリカ
ジョーディ・スミス

■アメリカ
ジョン・ジョン・フローレンス、コロへ・アンディーノ、コナー・コフィン
キャロライン・マークス、カリッサ・ムーア、コートニー・コンローグ

2019611isa2
サリー・フィッツギボンズ
Photo: ISA / Sean Evans

男女共に3名が埋まっているのはオーストラリア、アメリカのみ。
それだけ国の代表争いが激しく、今のところ優先度一番の2019年CTランキングで2枠が決まってしまうでしょう。
その他の国、特にウィメンズはCT選手以外にもチャンスはあり、『ISA World Surfing Games』の結果が重要。

なお、ケリー・スレーターなど今回選ばれていないCT選手にもチャンスは残されています。

多くのCT選手が来日する『ISA World Surfing Games』は盛り上がること間違いなし!
バリ島のCTで初優勝した五十嵐カノアも日本代表として参加します!

ISA公式サイト:http://www.isasurf.org/


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。