非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

<速報>『Billabong Pipe Masters』終了! イタロ・フェレイラが初のワールドタイトルを獲得!

2019-12-20 更新
20191220itaro


現地時間12月19日、オアフ島・ノースショアのパイプラインを舞台とした『Billabong Pipe Masters』が終了!
1週間のレイデイを経て迎えたファイナルデイはワールドタイトル、トリプルクラウンのタイトル、2020年東京オリンピックのCT枠、リクオリファイ。
多くのことが決まる特別な一日となり、最後はタイトルコンテンダーのガブリエル・メディナ、イタロ・フェレイラの一騎打ち、勝った方がワールドタイトルという最高のシナリオに。

イタロが勝てば初のワールドタイトル&パイプマスター。
ガブリエルが勝てば3度目のワールドタイトル&2度目のパイプマスター。

運命の勝負はイタロが先行、クロスゲームながらイタロが最後まで逃げ切り、全てが決まりました。

なお、アメリカ代表のもう1枠はジョン・ジョン・フローレンスが獲得。

トリプルクラウンはケリーが1998年以来、3度目の獲得。
来年もツアーを回ることを示唆させるコメントを残していました。

ファイナルデイの詳細、ワールドタイトルを獲得したイタロのインタビューなどは追ってコンテストリポートでお伝えします!

congrats to Italo!

『Billabong Pipe Masters』結果
1位 イタロ・フェレイラ(BRA)
2位 ガブリエル・メディナ(BRA)
3位 ケリー・スレーター(USA)、グリフィン・コラピント(USA)
5位 ヤゴ・ドラ(BRA)、ジャック・フリーストーン(AUS)、ジョン・ジョン・フローレンス(HAW)、ミシェル・ボウレズ(PYF)

『Vans Triple Crown of Surfing』公式サイト

「コンテストリポート」一覧へ


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。