非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

アメリカ代表オリンピック選手のヘッドコーチにブレット・シンプソンが就任(WSMコラム)

2020-07-16 更新
Brett_Simpson
Photo: WSL / SEAN ROWLAND

新型コロナウイルスの影響により、すでに1年後への延期が発表されている東京五輪。本来の日程であれば、現在は開催目前というタイミングでした。

そんなタイミングにて、サーフィンのアメリカ代表オリンピック選手を管轄する団体「USAサーフィン」がヘッドコーチの変更を発表しました。

当初の日程通りにオリンピックが開催されていたのならば、アメリカ代表のヘッドコーチはクリス・ギャラガーでしたが、ブレット“シンポ”シンプソンに変わり、2021年東京五輪に向けて取り組んでいくとのこと。

しかも、コロヘ・アンディーノ、ジョンジョン・フローレンス、カリッサ・ムーア、キャロリン・マークスのアメリカ代表4名、そしてアスリート諮問委員会のメンバーによる投票結果として満場一致で選ばれたと言います。

さて、シンポは2015年シーズンまでワールドツアーで活躍してきたサーファーであり、2年連続のUSオープン優勝が最大の結果です(後に五十嵐カノアも同じ偉業を達成)。

ツアー引退後のシンポは、現役時のメインスポンサーであったハーレーで、一般サーファー向けのコーチをしていて、元CTサーファーでCTサーファーやトップジュニア以外のコーチングをしている事に意外な印象を受けました。

でしたが、ワールドツアーまで上り詰めたサーファーなのでコーチングでも注目を集め、2019年にUSAサーフィンのナショナルチームのジュニア部門コーチに就任。

コーチとしては同年、ISAイベントのワールドジュニアサーフィンチャンピオンシップでチームとして金メダル獲得へと導きました。

このように、就任間もなく結果を残し、サーファーとしてだけでなくコーチとしてもエリートコースを辿っているシンポ。

すでに世界トップレベルでワールドタイトル獲得者を含むアメリカ代表選手を相手に、どのようなコーチングをし、どのような結果を残すことになるのか注目です。

参照記事「Two-Time U.S. Open Winner Brett Simpson Named Olympic Surf Coach

World Surf Moviesによる「BCM限定コラム」のバックナンバーはコチラ

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。