非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

東京オリンピックの残り12枠を決める『ISA World Surfing Games』の開催日が決定!

2020-08-01 更新
202081isa
PHOTO:© ISA/Ben Reed

7月31日、ISA(国際サーフィン連盟)は1年後に延期が決まった東京オリンピックのサーフィン競技の残り12名の枠を決める『ISA World Surfing Games』の日程を発表。

2度目の延期が発表された2020年5月の時点で2020年の後半3ヶ月(10月〜12月)か、2021年前半に調整されると公表されていたこのイベントは2021年5月8日〜16日にリスケジュールが決定しました。

『2021 ISA World Surfing Games』では東京オリンピックのサーフィン競技のメンズ5名、ウィメンズ7名の出場枠が上位入賞者に与えられます。

開催場所は当初と同じ中米・エルサルバドル。
ISAと現地主催者は今後も世界的なパンデミックの動向を注視してイベントの状況を定期的に配信する予定です。

東京オリンピック出場選手(一部暫定資格)



■2019年 CT
コロへ・アンディーノ
ジョン・ジョン・フローレンス
オーウェン・ライト
ジュリアン・ウィルソン
ガブリエル・メディナ
イタロ・フェレイラ
ジェレミー・フローレス
ミシェル・ボウレズ
五十嵐カノア
ジョーディ・スミス

ウィメンズ
カリッサ・ムーア
キャロライン・マークス
ステファニー・ギルモア
サリー・フィッツギボンズ
タティアナ・ウェストン・ウェブ
シルヴァナ・リマ
ジョアン・ディファイ
ブリッサ・ヘネシー

■『2021 ISA World Surfing Games』
メンズ5枠
ウィメンズ7枠


■『2019 ISA World Surfing Games』
ラムジ・バークヒアム
村上舜
ビリー・ステアマンド
フレデリコ・モライス

ウィメンズ
ビアンカ・ベイタンタグ
松田詩野
エラ・ウィリアムス
アナト・ルロアール

■『2019 Pan American Games』
ルーカ・メシナス

ウィメンズ
ダニエラ・ローザス