非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

「WSM」9月の人気記事トップ10ランキング

2020-10-08 更新
Kelly-Slater-1
サーフィン動画の紹介を中心に、海外サーフィンの最新情報などを独自の視点で解説・配信する「World Surf Movies」より、月毎の人気記事をランキング形式でご紹介。


先月2020年9月の人気記事トップ10



※各画像をクリックするとWSMサイトへリンクします。BCMサイト内のアーカイブも併せてぜひチェックしてみてください。

Kelly-Slater-1■No.1
ケリー・スレーターがパダンへ!SNSにアップされたフリーサーフィン動画

Kelly-Slater■No.2
ケリー・スレーターがバリ島へ!コロナ禍における神出鬼没なケリーの動向

Italo-Ferreira-1■No.3
世界で二人目となるアーリーウープ540をイタロ・フェレイラが初メイク

Bethany-Hamilton-and-Erin-Brooks■No.4
ベサニーとエリンの革新的女性サーファー!ウェイブプールで3日間の合宿動画

Zacky-Taylor■No.5
5歳児がバレルをメイク!ウェイブプールでの微笑ましいライディング動画

Screen-Shot-2018-10-29-at-9.32.52-PM■No.6
入国方法は?カリフォルニアのプロサーファーがコロナ禍にインドネシアへ

Harrison-Roach■No.7
オルタナ系ライダーがハイパフォーマンスに乗ったら?新ミステリーボード企画

Nias-Indo■No.8
先週炸裂したライトバレルのニアス(インドネシア)!フリーサーフィン動画

Gold-Coast■No.9
最高のエンタメ!ゴールドコーストで発生したワイプアウトとロックジャンプ失敗


Julian-Wilson■No.10
ジュリアン・ウィルソンがハーレーと契約解消:公になった契約金と条件

9月のトップを飾ることになったのは、予想通りと言うべきケリー・スレーターがバリ島入りしたニュース。

ケリーがインドネシアに入国できた理由は、アメリカの出国制限の緩さとインドネシアが入国制限緩和で建前上であってもビジネスビザを取得すれば入国可能となったためです。

一方、これまでの記事でお伝えしましたが、インドネシアが近距離にあるオーストラリアのプロサーファーがインドネシア入りしたニュースはありません。

その理由は、オーストラリア政府が厳しく出国制限を掛けているためです。

アメリカとオーストラリアのいずれも移民の国であるものの、これほどまでに対応の違いがあるのは非常に興味深く感じますね。

World Surf Movies

http://world-surf-movies.com

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。