非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

『Blue.』最新号No.85 RHCコラボカレンダー付きで11月10日発売!

2020-11-09 更新
2020118b


『Blue.』最新号No.85は毎年恒例のRHCコラボカレンダー付き。
合計7組14名のサーファーが未来のことを語り合う特別企画を巻頭特集に息子アレックスのことを語るジェリー・ロペスのロングインタビューや、4人の魅力的なサーファーをピックアップした「磨き続ける独創の美学」、本格的な冬が訪れる前に参考にした「最新アウターでホットな冬を手に入れる」、ユニークな仕事場に潜入した「拝見、サーファーたちのワークプレイス」、サンフランシスコから初来日をしたシェイパー、グリフィン・ステファニックの日本紀行とインタビューなどディープな内容で11月10日発売!

語り合おうよ、未来のこと

2020118b7
2020118b6


仲間とひとつの波に乗るシェアライド、またはシェアウェーブって、じつはけっこう奥が深い。相手のことを思いやりながら自分らしいラインを描き、波という刹那を分かち合うのだから。

より楽しく仲間と交わるためにはやっぱり基礎はたいせつで、日々、自分自身を磨いておいたほうが“そのとき"はきっと豊かなものになるだろう。体、技術、もちろん、こころも。そのうえで、導かれるラインは波や相手によって変わるんだ。
「語り合う」という行為も、つまりそういうことだよね。
ビッグウェーブ、トリムの秘密、和製フリーサーファー待望論など、7つのテーマについてじっくり語り合ってもらったトークセッション。大野修聖さんと瀬筒雄太さんが「トリム」というたった一言について深く長く語り合えるのは、ふたりがそれだけ自分を磨きつづけてきたからだ。写真家の横山泰介さんは「写真は歴史を一瞬止める」と語った。
素敵だなぁ、みんな。そして、おもしろいし、深い。正解を導きたいんじゃない。交わりあい、高めあい、響きあい、ゆたかな時間を過ごしたいんだ。そのひとつひとつがきっと、未来へつながるちいさなちいさな種なんだと思う。
語り合おうよ、サーフィンのこと。未来のこと!

ジェリー・ロペス特別インタビュー&カレンダー

2020118b4
2020118b5


さらに今号は、ジェリー・ロペスが息子であるアレックスとの関係を自らつづってくれた特別なアーティクルも。神様と称えられる稀代のレジェンドが、ひとりの父親としての等身大の気持ちを寄せてくれました。アレックスのインタビューとともに、すべてのサーファーに捧げたい愛あふれる16ページです。

特別付録は年に一度のスペシャル企画、RHC ロンハーマンとのコラボカレンダー。今年のビジュアルはカリフォルニアのフォトグラファー、ウィル・アドラーです。巻頭グラビアともどもお楽しみください。

2020118b2


=CONTENTS=

磨き続ける独創の美学

2020118b9


最新アウターでホットな冬を手に入れる

2020118b10


拝見、サーファーたちのワークプレイス

2020118b11


サーフなお家の実例集

2020118b12


グリフィン・ステファニック

2020118b13





雑誌名:Blue.
発売日:11月10日
定価:1,164円+tax
(RHC ロンハーマンコラボカレンダー付き)

= More Info =
Blue. Magazine 
http://www.blue-mag.com

★定期購読なら最大5%オフ&送料無料!
★新規購入なら更に500円オフ!

お得な定期購読はコチラ

2020118b3



※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。