非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

12月から始まる2021年CTシーズンの詳細とWSGのリスケジュール

2020-11-11 更新
20201111wsl3
PHOTO: © WSL/cestari

2020年7月に公表されていた2021年のCTシーズンのスタートは11月のハワイ、ウィメンズから開幕。
QSとクオリファイに直接的に関係するチャレンジシリーズ、CTのスケジュールの再編、ワールドタイトルをサーフオフ形式のイベントで決める「THE WSL FINALS」など新たな方針が示されていました。

8月〜10月はカリフォルニア、ブラジル、ヨーロッパ、オーストラリアでのプレイベント「WSLカウントダウン」が行われた一方、ここにきてヨーロッパを中心に新型コロナウイルスの感染が再拡大。
2021年のCTシーズンも白紙になるかも...と噂が飛び交う中、WSLがようやく沈黙を破ったので、その詳細をお伝えします。



最終決着の舞台はトラッセルズ

20201111wsl2
(ローワー・トラッセルズ)
PHOTO:© WSL

7月に公表された時に場所を明らかにしていなかった「THE WSL FINALS」はWSLのお膝元でもあるカリフォルニアのローワー・トラッセルズで9月に開催が決定。
レギュラーシーズンの上位5名が世界で最もハイパフォーマンスな波と呼ばれている通称ロワーズでタイトルを争うことになります。

2021年キックオフはハワイ



毎年ツアーのクライマックの舞台だったハワイが新しいシーズンからは開幕戦の舞台へと変わります。
ウィメンズはマウイ島・ホノルアベイはそのままにスケジュールは当初予定されていた11月から12月4日〜15日に変更。
メンズは12月8日〜20日にオアフ島・パイプラインで開幕戦が行われます。

「ハワイはサーフィンの歴史と文化の大きな部分を占めている。一年の挑戦と締めくくりを前向きな気持ちでするのにこれ以上の場所はないの。みんなの安全を守るため、今年行われた支援と気持ちに感謝しているわ」
カリッサ・ムーア

一新したスケジュール

20201111wsl
(スティーマーレーンでのケリー・スレーター)
PHOTO: © WSL/Rowland

今回WSLが発表した中で最もサプライズ感があったのは、スケジュールと会場の変更でしょう。

今までハワイでのイベントは年1回でしたが、新たにサンセットビーチでの『Sunset Open』が1月、カリフォルニア・サンタクルーズの代表的なリーフブレイク、スティーマーレーンでの『Santa Cruz Pro』が2月に加わることになります。
トリプルクラウンの舞台だったサンセットビーチでの戦いが28年振りにCTとなり、ウィメンズも同時開催されます。
スチーマーレーンの2月はハワイ経由の巨大なウネリが入るベストシーズンであり、CTの舞台で最も冷たい水温がそのチャレンジのハードルを引き上げることにもなりそう。

なお、2月の『Santa Cruz Pro』以降もスケジュールは発表されていますが、まだ暫定的な部分もあります。
WSLは新型コロナウイルスの状況を見てサーファー、スタッフ、ファンの健康と安全を第一に考え、専門家や当局の指導に基づいて柔軟な対応をするとのこと。
まずはハワイ、サンタクルーズのオープニングレッグ開催を案じ、その後は状況次第と考えた方が良さそうです。

「世界的なパンデミックの中で国際ツアーを行うことは容易ではない。しかし、組織全体の献身的な取り組みによって、選手、スタッフ、地域社会を代表してこれらの大会を安全に開催できると確信している」
WSL CEO エリック・ローガン

20201111wsl4
(サンセットビーチがCTの舞台に)
PHOTO: © WSL/cestari

□2021年CTスケジュール

【ウィメンズ】
第1戦
2020年12月4日〜15日
『Maui Pro presented by ROXY』

【メンズ】
第1戦
2020年12月8日〜20日
『Billabong Pipe Masters presented by Hydro Flask』
ハワイ・オアフ島

以降はメンズ・ウィメンズ併催

第2戦
2021年1月19日〜28日
『Sunset Open』
ハワイ・オアフ島

第3戦
2021年2月2日〜12日
『Santa Cruz Pro』
カリフォルニア・サンタクルーズ

★第4戦以降は変更の可能性もあり

第4戦
未定
『Meo Pro Portugal』
ポルトガル・ペニチェ

第5戦
4月1日〜11日
『Rip Curl Pro Bells Beach』
オーストラリア・ビクトリア

第6戦
4月16日〜26日
『Boost Mobile Margaret River Pro』
オーストラリア・西オーストラリア

第7戦
5月3日〜13日
『Corona Open Gold Coast presented by Billabong』
オーストラリア・クイーンズランド

第8戦
未定
『Quiksilver Pro G-Land』
インドネシア

第9戦
6月11日〜20日
『Oi Rio Pro presented by Corona』
ブラジル・ サカレマ

第10戦
6月25日〜7月9日
『Corona Open J-Bay』
南アフリカ

第11戦
8月12日〜15日
『Surf Ranch Pro』
カリフォルニア・サーフランチ

第12戦
8月23日〜9月2日
『Outerknown Tahiti Pro』
タヒチ・チョープー

「THE WSL FINALS」
9月8日〜17日
カリフォルニア・ローワートラッセルズ

WSL公式サイト

WSGのリスケジュール

20201111wsl5
Photo: ISA / Sean Evans

今回のWSLの公表とほぼ同時にISAからも東京オリンピックの残り12枠(メンズ5枠、ウィメンズ7枠)を決める『ISA World Surfing Games』のスケジュール変更が発表。

場所は中米・エルサルバドルで変更なく、期間は2021年5月8日〜16日から2021年5月29日〜6月6日に変更されています。

ISA公式サイト


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。