非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

「2021年CTスケジュール発表。でもコロナの状況次第の条件付き?」- F+(エフプラス)

2020-11-11 更新
Text by つのだゆき、Photo by WSL

エフプラス
カリッサ・ムーア、ホノルア/マウイ

結局やるってか。
今日リリース出てたね。ブロードキャストオンリーって書いてあったから無観客試合なんだろうね。浮上したパイプやる説にオフィシャルリリースの裏付けついた感じで、こうなるとやるんだろうね。女子のマウイもオンで、カリッサが待ち遠しいわ~みたいなこと言ってたけど、そうなるとアムちゃん(都筑有夢路)のCTは幻となるんだろうか。
もともとカリッサのイヤーオフの繰り上げでのクオリファイなんで、休んだカリッサが復帰待ち遠しいわ~ってなっちゃえば、ごめんね~で元に戻るということか。心情的にはワイルドカードってのもあるだろうけど、ワイルドカードはタイラー・ライトなんで、タイラー引っ込めてアムちゃんは考えにくいしね。

同時に9月にトップ5でワールドタイトル決めるWSLファイナルズはトラッスルズに決定。
2021年のスケジュールにも多少変更が出た。
1月にサンセットでCT復活、これ男女共催イベントなので、女子のオアフでの試合は2010年以来になる。

エフプラス
ケリー・スレーター、スティーマーレーン/サンタクルーズ

2月にはサンタクルーズでCT、懐かしいな、サンタクルーズ。ラインナップにラッコいたよね、昔行ったとき。
ポルトガルはシーズン後半に延期になったものの、それ以外は生きているので、年間全12試合、ファイナルズ入れれば13試合。その中の5試合がハワイ含むアメリカでの開催になった。ま、WSLはアメリカの会社なので、最初と最後はアメリカで、ってのは望むところだろうし、そのアメリカのメジャースポーツマーケット狙いだから、アメリカ主導にならないと始まらない。

とはいえ、すべて予定で、コロナの状況次第ではスケ変わります、の条件付きだけど。
まぁ、いい加減何かやらないとWSLそのものが立ちいかないんだろうし、選手の保証金もそう何年も払えないだろうし、選手たちも収入ないと困るだろうし……苦渋の決断ってところですか。
スポーツシーンすべて同じような感じだけど、結局オープンしたところから感染者は出てくるわけで、そう簡単にすんなりとはいかんだろう、ってのが個人的な感触。


※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。