非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

デヴィッド・ヌヒワの長編アーティクル『サーファーズジャーナル日本版12.1号

2022-05-30 更新
2022530s


6月6日発売の『サーファーズジャーナル日本版12.1号』はビーチボーイスタイルを見せつけているデヴィッド・ヌヒワの表紙が目印。
その他にも厳選された写真と磨きぬかれた文章でサーフィンの世界をディープに表現しています。

フィーチャーストーリー

2022530s8


■今号のフィーチャーストーリーはデヴィッド・ヌヒワの全24ページにわたる長編アーティクル。「じつは僕たちは、まだ彼の華麗なノーズライディングの半分くらいの位置でもたもたしている状態なのさ」とジョエル・チューダーは本稿にて語る。知られざるハワイでの幼少期の日々から現在にいたるまで、ヌヒワのすべてを網羅した必見の内容です。

VIRTUOSO
ヴィルトゥオーソ/達人
文:フィル・ジャラット

ダークかつ優雅。デヴィッド・ヌヒワの半生。

PORTFOLIO: GROUP SHOW
ポートフォリオ:グループショー

2022530s2


最新鋭フォトグラファーたちによる最新作展

AMONG PIERS
桟橋(ピア)という文化

2022530s3


文:デヴィッド・ジマリー

カリフォルニア特有のピアにまつわる文化論

THE STATION HAND
羊飼いの娘

2022530s4


文:ウィル・ベンディックス

バレルを疾走する美しき自然児。砂漠で生まれたイモージェン・コールドウェル。

THE INTENTIONAL LINE 意図したライン

2022530s5


絵:ジェフ・マクフェトリッジ
文:ジェイミー・ブリシック
写真:ジュリアン・ルビネット

アーティスト、そしてトップデザイナーのジェフ・マクフェトリッジ。独特のクリーンな表現力は深い考察の賜物(たまもの)だ。

LONELY IN THE PACIFIC
南太平洋の孤島にて

2022530s6


文:デレク・ライリー

携帯電話なんか使えなくても魅力は尽きないロード・ハウ島。

LOOKING BEYOND THE LIGHT
向日性(こうじつせい)の彼方に

2022530s7


文:井澤 聡朗
写真:三浦 安間

画を描(か)くために生きる……。
今号の日本版オリジナルコンテンツは、画家・久保田潤の世界。




最新号は6/6日(月)に発売です。
ほかにも映画監督兼脚本家のスティーヴン・ギャガンの示唆に富んだインタビュー「BETWEEN TAKES 撮影の合間に」やサーファーとして永遠の若さについて考察したエッセイ「YOUNG BLOOD ヤングブラッド」など、ほかでは読むことのできない珠玉のサーフストーリーが盛りだくさん。
『ザ・サーファーズ・ジャーナル日本版12.1号』、今号も必読です!




THE SURFER’S JOURNAL(ザ・サーファーズ・ジャーナル)日本版12.1号
2022530s


定期購読なら2000円以上の割引&送料無料!
Fujisanマガジンサービスの定期購読プランは最大30%OFF!
送料無料で、バックナンバー(デジタル版)も読み放題。
→詳細はコチラから

※当サイト内の文章・画像等の内容の無断転載及び複製等を禁じます。