非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

    内妻 波情報

    ※1日前の情報をサンプル表示

    後半は風の影響が大きくなる恐れもある。

    UPDATE 07/08 11:15

    この時間の生見はモモ~コシ位、内妻や大方浮鞭は最大ムネがあり、今ひとつながらサーフィンできる状態。

    今後も本州付近には梅雨前線が停滞し、風は海上を中心に強い南よりが吹く予想。


    後半にかけても南よりのウネリは続き、風が強まればサイズが上がってくる可能性もある。
    ただし、面への影響も大きくなるため、サーフィンするのであれば早めが無難。
    (H.07:14/L.14:03/H.20:52)

    明日も南よりのウネリは残りそうだが、風は南よりが吹く予想なので、面への影響が気になるところ。

    ビギナーアドバイス
    後半は流れが強まる恐れもあるので、十分に注意してください。


    タイド
    生見
    その他のポイント

    今後の風と波(気象)

    生見
    大方浮鞭


    更新予定時刻
    07:40 / 12:00 / 18:30


    週間波予想

    UPDATE 07/08 11:40

    四国


    10(金)

    11(土)

    12(日)

    13(月)

    14(火)
    10(金)
    日本の東海上には高気圧があり、梅雨前線は本州付近に停滞する見込み。

    高気圧からの吹き出しや南よりのウネリによって、南向きの場所を中心にサイズは残りそうだが、風は西→南東が吹く予報なので、早めのサーフィンが無難。



    11(土)
    日本の東海上には高気圧があり、本州付近にある梅雨前線は停滞する見込み。

    高気圧からの吹き出しによるウネリは続き、やや強まる南よりの風の影響によって、南向きの場所を中心にサイズが上がる可能性もあるが、面への影響が大きくなりそうだ。



    12(日)
    高気圧は日本のはるか東海上に遠ざかり、本州付近に停滞している梅雨前線上には低気圧が発生する見込み。

    高気圧からの吹き出しや南よりのウネリによってサイズは残り、風は南西よりが吹く予想。



    13(月)
    梅雨前線は本州付近に停滞し、前線上の低気圧は日本の東海上に進む見込み。

    前日からのウネリによって、小ぶりなサイズは残っていそうだが、ウネリ自体は弱まる可能性もあるため、早めのサーフィンが無難。
    なお、風は南西より→東~南東が吹く予想。



    14(火)
    梅雨前線はやや北上する見込み。

    北上する前線の影響により、南よりのウネリや風が強まってくる可能性もある。


    ★気象庁発表の予報に基づいて予想しておりますが、その予報が変わると週間波予想も変わってくるため、毎日更新される最新の気象情報や週間波予想のチェックをお勧めします。