非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

    御宿・漁港 波情報

    ※1日前の情報をサンプル表示

    明日もウネリは続く傾向。

    UPDATE 08/03 17:45

    夕方もハラ~頭位を維持していたが、場所によっては南東風の影響で面を乱されていた。

    明日も高気圧に覆われ、風は北エリアで南→南東、南エリアでは南東が吹く予報。



    【千葉北】
    日本の東海上にある高気圧からの吹き出しなどによるウネリによって、終日サイズは残りそうだが、南東風が吹き始めると全体的に影響を受けてしまうだろう。

    【千葉南】
    日本の東海上にある高気圧からの吹き出しなどによるウネリは続く傾向となるが、南東風が吹く見込みなので、面に影響を受けた今ひとつな状態が目立ってしまいそうだ。
    (H.08:01/L.15:52/H.20:21)

    ビギナーアドバイス
    明日もサイズが大きな場所では海に入らないでください。


    タイド
    太東
    鴨川

    今後の風と波(気象)

    一宮
    和田・白渚


    更新予定時刻
    07:00 / 10:00 / 18:00


    週間波予想

    UPDATE 08/03 11:35

    千葉全域


    05(木)

    06(金)

    07(土)

    08(日)

    09(月)
    8/5(木)
    熱帯低気圧が日本の南海上を北上する模様。


    日本のはるか東海上に中心を持つ高気圧からの吹き出しによるウネリが続きつつ、後半は南海上を北上する熱帯低気圧の影響によるウネリが強まる傾向。
    ただし、BCMサイト内の『今後の風と天気』によると、千葉北/千葉南エリア共に、北~北東→東よりの風が吹く予報のため、早めの時間帯に!

    8/6(金)
    熱帯低気圧の動向は不明確となり、本州付近は上空の気圧の谷の影響を受ける模様。


    熱帯低気圧が南海上を北上した場合は、ウネリが更に強まる可能性もあるが、北東よりの風が強まり、一宮周辺や千倉方面を中心に面を乱され、ハードになることも考えられる。

    8/7(土)~8/8(日)
    この期間の本州付近は、前線や気圧の谷の影響を受ける模様。





    8/7(土)は前日の状況次第となるが、ウネリは少しずつ落ち着きながらも、サーフィン出来るサイズは残る見込み。
    ただし、南~南東風が吹く予想のため、影響が気になるところ。
    8/8(日)は、日本のはるか東海上に中心を持つ高気圧からの吹き出しによるウネリが続きつつ、気圧の谷の影響によるウネリが強まる可能性も。

    8/9(月)
    本州付近は、引き続き前線や気圧の谷の影響を受ける模様。


    現時点では、高気圧からの吹き出しや気圧の谷の影響によるウネリによって、サーフィン出来るサイズは残る予想。

    ※熱帯低気圧の動向次第では、予想が大幅に変更される場合があります。
    気象庁発表の最新情報を確認してください。

    プロサーファー週間地形レポート

    UPDATE 07/21

    皆さん、こんにちは!
    波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」南房総エリア担当の鈴木国雄です。


    7月16日(金)に関東甲信地方が梅雨明けしましたが、今年は梅雨入りが遅かった事も有り、およそ一ヶ月と短目の梅雨となりました。その後晴天に恵まれ水温も一気に急上昇⬆、波もそこそこ有り地形の良いポイントを中心に、駐車場は平日でもほぼ満車状態となっています!
    という事で、「地形レポート(7/20火曜日チェック)」を、お届けしたいと思います。

    それではいつも通り『千倉』から。
    まずは監視所側。
    取材時はほぼロータイド時でしたが、若潮周りの(+50cm程)でしたので、かろうじてインサイドでブレークしていましたが、これ以上潮が多いとショアーブレークオンリーとなってしまいます。
    引き続き、全体的にかなりの「ドン深」状態となっている様です。
    ・7月20日(火)、ロータイド約1時間前の監視所側。
    _1
    今の地形ですと中潮~大潮周りのロータイド時以外は、かなり厳しいコンディションとなってしまいます。
    ※お知らせですが、今夏も海水浴場は不開設となりましたが、海水浴客との混在が危惧される事も有りライフセーバーが常駐しますので、エリア規制などの呼びかけに、ご協力頂けるようお願い申し上げます。
     そして教習所側。
    こちらも監視所側とほぼ同じ様な状況で潮の少な目な時間帯以外は、テイクオフも厳しいコンディションとなってしまいます。
    ・7月20日(火)、ロータイド約1時間前の教習所側。
    _2
    次はお隣『千歳』
    こちらはインサイド~ミドル手前は浅目な地形に変化しましたが、ミドル付近はまだ深目なままの様で、潮の多目な時間帯はインサイド寄りのブレークのみとなってしまいます。
    ・7月20日(火)、ロータイド約50分前の正面。
    _1
    ・7月20日(火)、ロータイド約50分前の左寄り。
    _2
    お勧めの潮回りとしては、ロータイド前後となる様です。
    最近はリーフが堆積した砂で隠れている様ですが、所々露出していますので
    _3
    引き続きインサイドのリーフには、お気をつけ下さい。
    そして和田方面『花籠』
    引き続き河口は正面に注いでいます。
    ・7月20日(火)、正面に注いでいる河口。
    _1
    今回のチェック時も、全体的に浅目な良い地形はキープされていました。私もお気に入りのスポットで、最近は良く通っています!
    ・7月20日(火)、ロータイド約40分前の花籠正面。
    _2
    お勧めの潮回りとしては、ロータイドの上げ込みからミドルタイド辺り迄となる様です。
    続いて『大原駐車場前』
    今迄はインサイド~ミドル手前が深く、ファーストブレークの後ウネリに戻ってしまっていましたが、全体的に浅目な地形に上向き、写真⬇の様なファンウエーブがあちこちでブレークしていました!
    ・7月20日(火)、ロータイド約30分前の大原駐車場正面。
    _1
    ・7月20日(火)、ロータイド30分前の大原駐車場右寄り。
    _2
    お勧めの潮回りとしては、ロータイドの上げ込みからミドルタイド辺りとなる様です。
    そして最後に『白渚』
    まずは河口寄り。
    今回のチェツク時も、全体的に浅目な地形はキープされており、サイズ的にも他のポイントよりワンサイズ有り、平日にも関わらず賑わっていました!
    ・7月20日(火)、ロータイド約20分前の河口寄り。
    _1
    お勧めの潮回りとしては、ミドルタイド前後となる様です。
     そしてS&S寄り。
    こちらも以前に比べ砂が付き、全体的に浅目な地形に変化した様でファーストブレークの後もウネリに戻る事無く、ショルダーが続いていました。
    ・7月20日(火)、ロータイド約20分前のS&S寄り。
    _2
    コンディションが上向く潮回りとしては、ロータイド~ミドルタイド手前辺りとなる様です。
    ※白渚へ訪れる方へのお願いです。
     1,国道128号へ停車しての波チェックはご遠慮下さい。(交通量も多く渋滞・事故等の誘発に繋がります)
     2,線路脇の裏通りへの路上駐車は絶対にお止め下さい。
     近隣の住民からの苦情が殺到してパトカーも出動している状況です。
     尚、白渚だけに限らず何処のポイントにも共通してますが、陸でも海でも「ルール&マナー」を遵守してお楽しみ下さい。
    以上が、今週(7/20チェック)の当エリアの地形概況となります。

    それでは水温です。
    冒頭でも述べましたが、梅雨明け早々水温が上がり「タッパー」+「トランクス」というスタイルの方も一気に増えました。個人的には「ショートジョン」で丁度良いかなとも思いますが、そこは個人差が有りますので「スプリング」をお持ちになる事をお勧めします。