非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

    部原・メイン 波情報

    ※1日前の情報をサンプル表示

    ウネリは多少弱まりつつも続く傾向。

    UPDATE 05/18 18:05

    夕方もハラ~カタ位のサイズがあり、北エリアには△評価の場所があった!

    明日は気圧の谷や梅雨前線の影響を受け、風は北エリアで北、南エリアでは南西が吹く予報。


    【千葉北】
    高気圧からの吹き出しや南よりのウネリが多少弱まりつつも続く傾向だが、北風が吹く予報なので、北部~片貝方面や堤防等で風の影響を軽減できる場所をチェックした方が良いだろう。
    (L.03:12/H.07:50/L.15:50・千葉太東)

    【千葉南】
    高気圧からの吹き出しや南よりのウネリが多少弱まりつつも続く傾向だが、南西風が吹く予報なので、千倉方面を中心にチェックするのが無難。
    (L.04:59/H.08:01/L.16:27・千葉鴨川)

    ビギナーアドバイス
    技量にあった場所を選んで入った方が良いでしょう。


    タイド
    太東
    鴨川

    今後の風と波(気象)

    一宮
    和田・白渚


    更新予定時刻
    07:00 / 10:00 / 18:00


    週間波予想

    UPDATE 05/18 11:45

    千葉全域


    20(木)

    21(金)

    22(土)

    23(日)

    24(月)
    5/20(木)
    日本の南海上にのびる前線が本州付近へ北上し、低気圧が黄海付近に進んでくる模様。


    前日よりもウネリは弱まる見込みだが、高気圧からの吹き出しによる東よりのウネリによって、サーフィン出来るサイズは残る予想。
    ただし、千葉では北→東風が吹く予報のため、早めの時間帯が無難だろう。

    5/21(金)~5/22(土)
    前線上の低気圧が日本海→北海道付近へ進む模様。





    5/21(金)は高気圧からの吹き出しや、日本海を進む前線を伴った低気圧の影響によって、南~南西風によるウネリが強まる傾向だが、北部や片貝方面、また、南エリアの大半は面を乱されてしまうので、一宮周辺や比較的風の影響を受けづらい場所へ。
    5/22(土)は、高気圧からの吹き出しや南よりのウネリが少しずつ落ち着きながらも続く見込みだが、前半を中心にやや強い南西風が吹く予想。

    5/23(日)
    低気圧は北東海上へ遠ざかり、前線は南海上へ南下する模様。


    日本のはるか東海上に中心を持つ高気圧からの吹き出しや、南よりのウネリが弱まりながらも続く見込み。

    5/24(月)
    本州の南海上には東西に長くのびる前線が停滞し、本州付近は気圧の谷の影響を受ける模様。


    日本のはるか東海上に中心を持つ高気圧からの吹き出しによるウネリがなんとか続く見込みだが、気圧の谷の影響などで、南よりの風が吹く予想。

    ※前線や低気圧の動向次第では、予想が大幅に変更される場合があります。
    気象庁発表の最新情報を確認してください。


    プロサーファー週間エリア概況

    UPDATE 05/05

    皆さん、こんにちは!
    波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」南房総エリア担当の鈴木国雄です。
    _cid_D4983EB0-31C5-49C3-9E8F-FDFAEC2465AD





    29日(木)のGWに入った頃から「南西寄り」の風が続いている南房総エリア。前半はサイズにも恵まれましたが、取材時の4日辺りから急激にサイズダウン。久し振りのスモールコンディションでの地形チェックとなり、地形の良し悪しが如実に現れていました・・・。

    と言う事で、「地形レポート(5/4火曜日チェック)」を、早速お届けしたいと思います。


    それではいつも通り『千倉』から。
    まずは監視所側。
    インサイド~ミドルにかけての極浅な地形に変化は無く、潮の少な目な時間帯はコンディションを大きく落してしまいます。
    ・5月4日(火)、ハイタイド約2時間後の監視所側。
    _1
    チェック時は潮の多目な時間帯でしたが、極浅な為小さなウネリにも反応していました。お勧めの潮回りとしては、ミドル~ハイタイド手前となる様です。

    そして教習所側。
    こちらはインサイド~ミドル手前はかなり浅目ですが、ミドル付近は若干深目になっている様です。
    ・5月4日(火)、ハイタイド約2時間後の教習所側。
    _2
    お勧めの潮回りは、ミドルタイド前後となる様です。


    次はお隣『千歳』
    今回のチェツク時はサイズが無く潮も多目な時間帯でしたので、かなり厳しいコンディションでした。インサイド寄りの地形には反応していましたが、ミドル付近はスルーでしたのでこの辺りがまだ深目な様です。
    ・5月4日(火)、ハイタイド約2時間10分後の正面。
    _1
    ・5月4日(火)、ハイタイド約2時間10分後の左寄り。
    _2
    お勧めの潮回りとしては、ミドルタイド~ロータイド手前辺りとなる様です。
    今回のチェツク時は、潮の多目な時間帯でしたので露出はしていませんでしたが、引き続きインサイドのリーフにはお気を付け下さい!
    ・先週チェック時の4月27日(火)ロータイド約50分前の左寄りのリーフ。
    _3

    そして和田方面『花籠』
    ・5月4日(火)、右へ蛇行している河口。
    _1
    河口周辺の土砂は流出していますので、引き続き右寄りはかなり浅目な地形となっています。

    ここ何回かのレポートで地形の上向きをお伝えしていますが、今回のチェック時も小さなウネリにも反応していましたので、引き続き全体的にかなり浅目な地形はキープされている様です。
    ・5月4日(火)、ハイタイド約2時間20分後の花籠正面。
    _2
    今の地形ですとある程度潮の乗ったミドルタイド前後がお勧めの潮回りとなる様です。


    続いて『大原駐車場前』
    正面はインサイド寄りの地形にしか反応していませんでしたが、右寄りはミドル付近のバンクでスモールながらも乗れていました!
    ・5月4日(火)、ハイタイド約2時間30分後の大原駐車場正面。
    _1
    ・5月4日(火)、ハイタイド約2時間30分後の大原駐車場右寄り。
    _2
    今の地形ですと右寄りがお勧めですね・・・。


    そして最後に『白渚』
    まずは河口寄り。
    今回のチェツク時は、潮の多目な時間帯ながら小さなウネリにも反応していましたので、全体的に浅目な地形に変化した様に感じられました。
    ・5月4日(火)、ハイタイド約2時間40分後の河口寄り。
    _1
    お勧めの潮回りとしては、ミドル~ロータイド手前辺りとなる様です。

    そしてS&S寄り。
    こちらはミドル前後が若干深目な様でインサイド寄りの地形にしか反応していませんでした。
    ・5月4日(火)、ハイタイド約2時間40分後のS&S寄り。
    _2
    こちらのお勧めの潮回りは、ロータイド前後となる様です。

    ※白渚へ訪れる方へのお願いです。
     1,国道128号へ停車しての波チェックはご遠慮下さい。(交通量も多く渋滞・事故等の誘発に繋がります)
     2,線路脇の裏通りへの路上駐車は絶対にお止め下さい。

    近隣の住民からの苦情が殺到してパトカーも出動している状況です。
    尚、白渚だけに限らず何処のポイントにも共通してますが、陸でも海でも「ルール&マナー」を遵守してお楽しみ下さい。

    以上が、今週(5/4チェック)の当エリアの地形概況となります。


    それでは最後に水温
    冒頭でも触れましたが連日の「南西寄り」の風により、ここ最近はかなり水温が低下していますので「3mm裏起毛ラバー」もしくは「セミドライ」が必要となっています。