非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用

    和田・J's前 波情報

    ※1日前の情報をサンプル表示

    明日も北東風の影響を受けてしまいそう。

    UPDATE 09/27 17:35

    夕方はカタ~最大頭半があり、ハードやクローズアウトしている場所が目立つ中、南エリアの一部は△評価のとなっていた。

    明日は高気圧が日本の東~千島の東を移動する一方、猛烈な勢力へと発達する台風16号が沖ノ鳥島近海をゆっくりと北上する見込みで、千葉北/南エリア共に北→北東風が吹く予想。


    【千葉北】
    高気圧からの吹き出しによる東よりのウネリが続きつつ、台風16号からの南~南東ウネリの反応も良くなりそうだが、一宮周辺は風が悪くハードや厳しいコンディションが中心となりそうなので、北部や片貝方面を選ぶのが無難だろう。

    【千葉南】
    高気圧からの吹き出しによる東よりのウネリが続きつつ、台風16号からの南~南東ウネリの反応も良くなりそうだが、ハードやクローズアウトする場所が増えてしまう恐れがあるので、技量に合ったポイントを選びたいところ。

    ★気象庁発表によると、15時現在の台風16号は沖ノ鳥島近海(北緯19度付近)に位置し、925hPaでゆっくりと北北西に進んでいる。

    今後は北北西→北東に進み、明日の15時に沖ノ鳥島近海(北緯21度付近)で915hPaとなり、30日(木)の15時に日本の南(北緯27度付近)で925hpaとなり、1日(金)の15時に伊豆諸島近海(北緯33度付近)で950hpaとなり、2日(土)の15時に日本の東(北緯40度付近)で985hPaとなっている予報。



    タイド
    太東
    鴨川

    今後の風と波(気象)

    一宮
    和田・白渚


    更新予定時刻
    07:00 / 10:00 / 18:00


    週間波予想

    UPDATE 09/27 12:20

    千葉全域


    29(水)

    30(木)

    01(金)

    02(土)

    03(日)
    気象庁発表によると、09時現在の非常に強い台風16号(ミンドゥル)は、沖ノ鳥島近海(北緯19度付近)に位置し、935hPaで北にゆっくり進んでいる。
    今後は北北西→北東に進み、02日の09時には日本の東(北緯38度付近)で965hPaになっている予報。


    29(水)~30(木)
    台風16号が日本の南を北上する模様。

    台風16号の北上に伴ってウネリが強まってくることが予想される。
    ただし、ハードや厳しい場所が中心となることが予想される。
    なお、風は東~北東がやや強く吹く予想。





    10/1(金)
    台風16号が関東の東海上へ進む模様。

    台風16号の接近に伴ってウネリ・風が更に強まり、大荒れとなることが予想される。



    2(土)
    台風16号が日本の東へ進む模様。

    台風16号の影響によるウネリは次第に落ち着く傾向となるものの、基本的にはハードや厳しい状態が予想される。



    3(日)
    台風16号がアリューシャン方面へ遠ざかり、高気圧に覆われる模様。

    台風16号の影響によるウネリは落ち着く傾向となる見込み。
    なお、風は南東が吹く予想。



    ★台風16号の動向次第では予想が大幅に変更される場合がありますので、毎日更新される最新の気象情報や週間波予想のチェックをお勧めします。

    プロサーファー週間地形レポート

    UPDATE 09/15

    皆さん、こんにちは!
    波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」南房総エリア担当の鈴木国雄です。


    前回(9/8)更新レポートの冒頭でもスッキリしない天気の事に触れましたが、その後の一週間も快晴の日は続かず、取材時の昨日(14日)も傘をさしての地形チェックとなりました。
    「緊急事態宣言」が延長され、駐車場の閉鎖も継続していますが、せめて天気だけでもパットして欲しいモノです・・・。
    という事で、「地形レポート(9/14火曜日チェック)」を、お届けしたいと思います。

    それではいつも通り『千倉』から。
    まずは監視所側。
    以前から続いている「インサイド寄りが浅く、その後が深目な地形」ですが、過去のレポートによるとすでに6月頃からその予兆が始まっていた様ですので、もう4ヶ月が経とうとしています。
    千倉をホームとする私としては「参りました」の一言につきますが、自然の事は文字通り自然に任せるしか無いですね・・・。
    ・9月14日(火)、ハイタイド約2時間前の監視所側。
    _1
    そして教習所側。
    こちらも監視所側とほぼ同じ様な状況で、インサイド寄りの地形にしか反応していませんでした。
    ・9月14日(火)、ハイタイド約2時前の教習所側。
    _2
    両ピーク共コンディションが上向く潮回りとしては、ロータイド前後となります。
    「緊急事態宣言」の延長に伴い、駐車場の閉鎖も延長されました。
    _3
    次はお隣『千歳』
    今回のチェック時も、以前から続いている「インサイド〜ミドル手前が浅目で、ミドル付近が深目な地形」に変化は見られませんでした。
    ・9月14日(火)、ハイタイド約1時間50分前の正面。
    _1
    ・9月14日(火)、ハイタイド約1時間50分前の左寄り。
    _2
    両ピーク共お勧めの潮回りとしては、ロータイド前後となる様です。
    引き続きインサイドのリーフには、お気をつけ下さい。
    _3
    そして和田方面『花籠』
    ・9月14日(火)、正面に注いでいる河口。
    _1
    河口の正面は全体的に浅目な地形となっていますが、河口を挟んだ左右はミドル手前が若干深目になっている様です。
    ・9月14日(火)、ハイタイド約1時間40分前の花籠正面。
    _2
    お勧めの潮回りとしては、ある程度潮の乗ったミドルタイド前後となる様です。
    「緊急事態宣言」の延長に伴い、引き続き休業中となっています。
    _3
    続いて『大原駐車場前』
    こちらはミドル付近のバンクは、キープされていますが、インサイドに向かうに連れ若干深目になっている様です。
    ・9月14日(火)、ハイタイド約1時間30分前の大原駐車場正面。
    _1
    ・9月14日(火)、ハイタイド約1時間30分前の大原駐車場右寄り。
    _2
    お勧めの潮回りとしては、ある程度潮の乗ったミドルタイド前後となる様です。

    そして最後に『白渚』
    まずは河口寄り。
    今回のチェック時も、「インサイド〜ミドル手前が深目な地形」に変化は見られず、ファーストブレークの後ウネリに戻ってしまう波が目立ちました。
    ・9月14日(火)、ハイタイド約1時間20分前の河口寄り。
    _1
    お勧めの潮回りとしては、ロータイド前後となる様です。
     そしてS&S寄り。
    こちらもミドル付近のバンクはキープされていますが、ミドル手前が深目な地形となっています。
    ・9月7日(火)、ハイタイド約1時間20分前のS&S寄り。
    _2
    お勧めの潮回りとしては、ロータイド前後となる様です。
    ※白渚へ訪れる方へのお願いです。
     1,国道128号へ停車しての波チェックはご遠慮下さい。(交通量も多く渋滞・事故等の誘発に繋がります)
     2,線路脇の裏通りへの路上駐車は絶対にお止め下さい。
     近隣の住民からの苦情が殺到してパトカーも出動している状況です。
     尚、白渚だけに限らず何処のポイントにも共通してますが、陸でも海でも「ルール&マナー」を遵守してお楽しみ下さい。
    以上が、今週(9/14チェック)の当エリアの地形概況となります。

    それでは水温です。
    水温は24度前後をキープしていますが、雨や北寄りの風の日には「シーガル」や「ロングスプリング」をお持ちになる事をお勧めします