非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

    千倉 波情報

    ※1日前の情報をサンプル表示

    多くの場所は後半にかけてもクローズアウト。

    UPDATE 09/24 09:25

    気象庁発表によると、午前8時現在・台風12号は、銚子市の南東約270km(北緯33度付近)に位置しており、中心気圧985hPa・10kmで北東に進んでいる。
    今後は北東→北へ進み、明日25(金)には銚子市の東約330km(北緯35度付近/中心気圧990hPa)、26(土)には襟裳岬の東南東約330km(北緯40度付近)にて、温帯低気圧に変わる予報。



    この時間も千葉は台風12号の影響で風・ウネリが強く、頭以上のクローズアウトが中心だが、北部や御宿、平砂浦は落ち着いている。

    今後も上空の気圧の谷や台風12号の影響などで、海上を中心に非常に強い北東風が吹く予報。





    【千葉北】
    銚子市の南東約270km(北緯33度付近)を北上中の台風12号の影響によって風・ウネリが強く、大半は後半にかけてもクローズアウトが続いてしまうだろう。
    また、比較的落ち着いている北部は、オフショアに抑えられながらもウネリが強まり、ハードになることも考えられるので、無理な行動は控えたい。

    【千葉南】
    台風12号の影響によってウネリの強い状態が続いてしまい、多くの場所は後半にかけてもクローズアウトが予想される。
    また、比較的落ち着いている御宿や平砂浦は、オフショアに抑えられながらも台風12号の影響によるウネリが強まり、ハードになる恐れがあるので、無理な行動は控えたい。
    (太東:H.11:07、20:04/L.03:08、14:23)
    (鴨川:H.09:54、19:53/L.02:44、14:09)

    明日は台風12号の影響によるウネリが強く、多くの場所は前半を中心にハードやクローズアウトが予想され、強い北→東風が吹く予報。

    ビギナーアドバイス
    比較的落ち着いている場所でもコンディションが急変する恐れがあるので、ビギナーの方にはお勧め出来ません。


    タイド
    太東
    鴨川

    今後の風と波(気象)

    一宮
    和田・白渚


    更新予定時刻
    07:00 / 10:00 / 18:00


    週間波予想

    UPDATE 09/24 11:20

    千葉全域


    26(土)

    27(日)

    28(月)

    29(火)

    30(水)
    ※気象庁発表によると、午前9時現在・台風12号は、銚子市の南南東約260km(北緯33度付近)に位置しており、中心気圧990hPa・ほとんど停滞。
    今後は北東→北へ進み、今夜には銚子市の南東約280km(北緯34度付近)、明日25(金)には銚子市の東約270km(北緯35度付近)にて、温帯低気圧に変わる予報。



    9/26(土)
    台風12号から変わる低気圧が三陸沖を北上し、前線を伴った新たな低気圧が関東の南海上に近づいてくる見込みで、千葉北/千葉南エリア共に、北風が吹く予報。


    台風12号から変わる低気圧の影響によるウネリは落ち着きながらも、サーフィン出来るサイズは残り、後半は関東の南海上に近づいてくる低気圧の影響によるウネリが反応する可能性がある。

    27(日)~28(月)
    前線を伴った低気圧は東海上を北東へ進み、前線は東海上へ離れる模様。





    27(日)は低気圧の通過に伴って、前日よりもウネリが強まる傾向だが、北東よりの風が吹く予想のため、比較的風の影響を受けづらい場所へ向かった方が良いだろう。
    28(月)は低気圧の影響によるウネリが徐々に落ち着きながらも続く見込みだが、北東よりの風が吹く予想。

    29(火)~30(水)
    新たな低気圧が日本の南海上を北上する模様。





    29(火)は北東風が強く、一宮周辺や千倉などでは風波でサイズが上がる見込みだが、コンディション的には期待出来ない。
    30(水)は南海上を北上する低気圧の影響によるウネリが反応する見込みで、北よりの風が強まる予想。

    ※低気圧の動向次第では、予想が大幅に変更される場合があります。
    気象庁発表の最新情報を確認してください。

    プロサーファー週間エリア概況

    UPDATE 09/09

    皆さん、こんにちは!
    波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」南房総エリア担当の鈴木国雄です。

    _cid_D4983EB0-31C5-49C3-9E8F-FDFAEC2465AD
    最大級の警戒が促された「台風10号」は、九州地方に甚大な被害をもたらし、その後中国大陸へ進み8日未明に温帯低気圧となりました。まずは、被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。

    当エリアは台風から相当離れていたにも関わらず、南西寄りのスエルが数日間に渡り続いた事からも、その勢力の強さが伺えました。取材日の8日も南を向いたポイントには、そのスエルがまだ残っている程でした・・・。

    と言う事で、「地形レポート(9/8火曜日チェック)」を、早速お届けしたいと思います。


    それではいつも通り『千倉』から。
    まずは監視所側。
    台風9、10号と南~南西寄りのスエルが続きましたが、東を向いている千倉にはクローズアウトする様なスエルは届かず深目な地形の改善は見られませんでした・・・。
    引き続き、ミドル手前~ミドルが深目な地形となっていて、潮の多目な時間帯はインサイド寄りのワイドブレーク気味のコンディションとなってしまいます。
    ・9月8日(火)、ハイタイド約2時間後の監視所側。
    _1
    お勧めの潮回りはロータイド前後となります。

    そして教習所側。
    こちらも監視所側とほぼ同じ様な「深目な地形」のままですが、消滅した10号の南西寄りのスエルが回り込み、潮の少な目の時間帯を中心に楽しめていました!
    ・9月8日(火)、ハイタイド約2時間後の教習所側。
    _2
    こちらもお勧めの潮回りはロータイド前後となります。


    次はお隣『千歳』
    今回のチェック時はまだ潮の多目な時間帯でしたが、サイズに助けられ写真⇩の様な波がブレークしていました!ただし、ショルダーは厚目でいわゆる「タル目な波」が目立ち、その事からもミドル手前~ミドル迄が、深目な地形となっているのが伺えました。
    それでも、極端にサイズが無く潮の多目な時間帯以外でしたら、そこそこ楽しめる地形はキープしている様です。
    ・9月8日(火)、ハイタイド約2時間10分後の正面。
    _1
    ・9月8日(火)、ハイタイド約2時間10分後の右寄り。
    _2
    ・9月8日(火)、ハイタイド約2時間10分後の左寄り。
    _3
    お勧めの潮回りは、3ピーク共潮の少な目な時間帯となります。

    以前に比べ潮の多目な時間帯等は、ほとんど露出していませんが
    _4
    日中に大きく潮の動くロータイド時等は、引き続きインサイドのリーフにはお気を付け下さい。


    そして和田方面『花籠』
    ・9月8日(火)、右寄りに蛇行して注いでいる河口付近。
    _1
    こちら⇩は正面から少し右寄りですが、蛇行していた河口がこの辺りで切れ、新たなバンクが出来た様です。チェック時は潮の多目な時間帯でしたが、ミドル付近でしっかりと反応していました。
    _2
    正面も以前に比べたらミドルでの反応が良くなっていましたので、地形が上向いて来たのでは!? と感じられましたが頭前後のサイズが有ったからなのか、次回(9/21W)のレポートでその辺りを詳しくお伝えできればと思います・・・。
    ・9月8日(火)、ハイタイド約2時間20分後の花籠正面。
    _3


    続いて『大原駐車場前』
    前々回(8/27更新)のレポート辺りから「ミドル前後が深目な地形に変化してしまったのでは!?」と、お伝えしましたが今回のチェック時は、潮の多目な時間帯ながらミドルでも反応していました。
    ・9月8日(火)、ハイタイド約2時間30分後の大原駐車場(正面)
    _1
    花籠同様地形が回復傾向に有るのか、頭オーバーのサイズによるモノなのか次回(9/21W)のレポートで、詳しくお伝えできればと思います。


    そして最後に『白渚』
    まずは河口寄り。
    こちらは台風スエルの影響は見られず、引き続き全体的に浅目な地形をキープしていました。チェック時は潮の多目な時間帯でしたので、ワイドブレークにならずに、サイドオンながらまずまずのコンディションでした。
    ・9月8日(火)、ハイタイド約2時間40分後の河口寄り。
    _1
    今の地形ですとある程度潮の乗ったミドルタイド前後が、お勧めの潮回りとなる様です。

    そしてS&S寄り。
    こちらは今迄ミドル付近が若干深目な地形でしたが、今回のチェック時は潮の多目な時間帯ながら、ミドル付近の反応が良く掘れた波がブレークしていましたので、この辺りが浅目に変化した様に感じられました。
    ・9月8日(火)、ハイタイド約2時間40分後のS&S寄り。
    _2
    この地形ですとある程度潮の乗ったミドルタイド近辺が、お勧めの潮回りとなる様です。

    以上が、今週(9/8チェック)の当エリアの地形概況となります。


    それでは最後に水温
    引き続き水温は25度前後をキープしていますので「トランクス」+「タッパー」もしくは「スプリング」を、お持ちになれば終日快適にお過ごし出来ると思います!

    なお、来週(9/14週)の更新は、お休みを頂きます。
    ご不便をおかけしますが予めご承知おきください。
    よろしくお願い致します。