非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

    湘洋中前 波情報

    ※1日前の情報をサンプル表示

    藤沢方面はサイズダウン。

    UPDATE 05/28 10:30

    この時間の藤沢や西湘の一部は小ぶりなモモ~コシ、その他の場所はヒザ~モモ程度か厳しく、南よりの風が吹き始めている。

    今後は前線上の低気圧か関東の南海上に進んでくる見込みで、北→南風が吹く予報。





    藤沢方面でなんとか続く南よりのウネリは次第に弱まり、また、前線上の低気圧は発達せずに離れた位置を進む見込みのため、後半に若干変化が出るかどうかで、基本的には物足りないサイズが予想され、中途半端なオンショアの影響を受けた状態が続いてしまいそうだ。
    なお、西湘の一部では、高気圧からの吹き出しによるウネリなどで、小ぶりながらもサイズは残る見込み。
    (中潮:H.07:21、22:29/L.02:11、14:49)

    ☆今朝の鵠沼の水温は、昨日よりも高い19.0℃

    明日は全体的に物足りない一日となり、北→気温の上昇に伴って南風が吹く予報。

    ビギナーアドバイス
    藤沢方面では比較的サイズがありますが、午後はウネリが弱まる予想です。


    タイド
    江ノ島
    湯河原吉浜

    今後の風と波(気象)

    鵠沼
    吉浜


    サーファーの方々へ

    各地の自治体、地元団体やサーフィン団体より出ている要望/要請のまとめとなります。引き続き「三つの密」の回避を守り、各地域の要請に準じた判断と、モラル/マナーの遵守をお願い致します。

    →→→要望/要請 ご一読下さい
     



    更新予定時刻
    04:00 / 06:30 / 11:00 / 15:00 / 18:30 / 21:30


    週間波予想

    UPDATE 05/28 11:20

    湘南


    30(土)

    31(日)

    01(月)

    02(火)

    03(水)

    湯河原・吉浜


    30(土)

    31(日)

    01(月)

    02(火)

    03(水)
    5/30(土)
    日本の東海上には高気圧があり、前線や気圧の谷が東シナ海付近に進んでくる見込みで、南風が吹く予報。


    西湘の一部では、後半にかけて高気圧からの吹き出しによる東よりのウネリが若干強まるかどうかで、また、鎌倉~平塚方面も物足りない一日となる予想。

    31(日)~6/1(月)
    高気圧の中心が日本のはるか東海上へ移動し、前線や気圧の谷が九州の南岸→日本の南海上を進む模様。





    31(日)の西湘の一部は高気圧からの吹き出しによるウネリが若干強まる見込みだが、鎌倉~平塚方面は南~南東風によって若干変化が出るかどうかで、基本的にはサイズが小さい予想。
    6/1(月)は西湘の一部に続いて、鎌倉~平塚方面でも高気圧からの吹き出しや、気圧の谷の影響によるウネリが多少強まる可能性がある。

    2(火)
    本州の南海上には東西に長くのびる前線が停滞する模様。


    日本のはるか東海上に中心を持つ高気圧からの吹き出しや、気圧の谷の影響によるウネリが続き、東よりの風が吹く予想。

    3(水)
    南海上にのびる前線が北上し、上空の気圧の谷の影響を受ける模様。


    前半は一旦サイズダウンし、後半の鎌倉~平塚方面は南~南西風によって多少サイズが上がる見込みだが、面を乱されそう。
    一方、西湘の一部は物足りない一日となりそうだ。

    ☆前線の動向次第では風向き・強さが不安定となり、予想が変更される場合があります。

    プロサーファー週間エリア概況

    UPDATE 04/23

    皆さん、こんにちは。
    波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」湘南・藤沢エリア担当の池田潤です。
    先週はお休みを頂き、ご不便をおかけしました。
    jun_ikeda





    4月8日(水曜日)から約2週間ぶりの地形レポートとなります。
    先週の4月18日(土曜日)の大雨と強風の大時化によって、大きく地形が変化しました。

    次の低気圧が抜けるのを待ち、地形が安定した4月21日(火曜日)の南うねりの反応が良くなった時に、自転車を使用し、マスク着用でチェックに行ってきました。

    今回は、4月21日(火曜日)のタイド表の潮位が37cm-35cm表記(大潮)のロータイドの時間帯だった8:50~10:00に、全域を見て来ましたので、今後の参考にしてみてください。
    オフショア~無風~ゆるいオンショアに変化して行った腰胸肩でした。

    それでは、各ポイント毎の地形レポートです。
    今週もよろしくお願いします!

    【第二駐車場前】
    _1
    このエリアの地形は若干の改善傾向です。
    _2
    潮が引いている時間帯は、全域で十分にサーフィン可能です。
    しっかりとしたサンドバーがあり、チャンネルの位置もわかりやすいです。
    県立辻堂海浜公園側も地形改善傾向です。
    _3
    人が増えているのは地形が改善している証しですね。
    次のうねりでも要チェックです。


    【辻堂橋前】
    辻堂橋前正面の地形改善傾向です。
    _1
    県立辻堂海浜公園側、橋前正面、船前、全てのスポットでサーフィン可能です。
    _2
    チェック時はロータイドであった事もありますが、それを踏まえても地形改善していると思います。
    こちらも次のうねりでは要チェックなポイントです。


    【辻堂正面】
    辻堂正面の地形改善傾向です。
    _1
    インサイドが引き続き若干深いようですが、十分にサーフィン可能です。
    _2
    辻堂正面周辺、サイズのある日や潮の低い時間帯はチェックしてみてください。


    【湘洋中前】
    4月21日 の様子
    _1
    自転車押さないと走れません!
    潮の低い時間帯でしたら十分可能です。
    _2
    湘洋中周辺、全体的に地形改善傾向ですが、チェック日はサイクリングロードに砂が溜まっていた為、海の中は比較的空いていました。
    現在、駐車場閉鎖の影響で、自転車移動の地元のサーファーオンリーですので、空いているブレイク探しには「自転車でアクセスしにくいスポット」を考慮する手もあります。。


    【スエヒロ】
    4月21日 の様子
    _1
    ここも押さないと走れません!
    2ヶ月ほど地形良好でしたが、若干の悪化傾向です。しかしまだまだ、ポテンシャルは十分にありました。。
    _2
    こちらもお隣の湘洋中前同様、チェック日はサイクリングロードに砂が溜まっていた為、海の中は比較的空いていました。
    現在、駐車場閉鎖の影響で、自転車移動の地元のサーファーオンリーですので、空いているブレイク探しには「自転車でアクセスしにくいスポット」を考慮する手もあります。


    【地下道前】
    ここ1ヶ月ほど良かった地下道西側の地形は、残念ながら悪化傾向です。
    特にライトの地形が崩れた模様です。
    _1
    レフト側は、インサイドが若干深いようですが、まだまだ十分可能です。
    潮がロータイドであった影響もあるはずなので、引き続き、隣のスエヒロとともにハイタイドの時間帯もチェックしてみてください。
    _2
    船前は改善傾向です。十分にサーフィン可能になりました。
    1ヶ月前の、のりしろの無さを考えれば大幅な改善です。


    【スケートパーク】
    スケートパーク前正面から西側は地形大幅に改善しました。
    _1
    十分にサーフィン可能な地形に戻りました。
    引地川河口のスケートパーク側の地形は若干の悪化。
    引地川河口東側の地形は改善傾向なのでパドルでの移動も。
    また潮がロータイドであった影響もあるはずなのでハイタイドの時間帯にもチェックしてみてください。


    【鵠沼】
    引地川河口は地形は復活傾向です。
    _1
    銅像前の地形は良く、引き続きの安定傾向です。
    _2
    銅像前からウッドデッキは、切れ目もあり十分にサーフィン可能です。
    地形良い為、譲り合いの気持ちを忘れず、地元コミニュティのルールやマナー厳守で、無理に海に入る事の無いようお願いします。


    【水族館方面】
    _1
    引き続き、このエリアは銅像前から、片瀬西浜までの広いエリアで地形良好を保っています。
    _2
    地形良好なので混雑が目立ちます。
    _3
    今後も地形良い為、譲り合いの気持ちを忘れず、地元コミニュティのルールやマナー厳守で、無理に海に入る事の無いようお願いします。


    今回の地形レポートは以上になります。


    さて、現在の水温です。
    地形チェック日の朝の、鵠沼の水温は先々週から若干上がって17度。
    もうブーツは脱いで問題ありません。


    なお、次回更新の来週(4/27週)は、お休みを頂きます。
    ご不便をおかけしますが予めご承知おきください。
    よろしくお願い致します。