非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

    吉浜 波情報

    ※1日前の情報をサンプル表示

    物足りない状態が続くだろう。

    UPDATE 05/24 21:30

    夕方はヒザ~モモ位で、オンショアの影響を受けた物足りない状態。
    そして、夜チェックの鵠沼/辻堂も、夕方と同じ様な状態が続いていた。

    明日は高気圧に覆われるが、上空の寒気の影響を受ける見込みで、南風が吹く予想。


    夕方の予想と変わらず、ウネリが強まる可能性は低く、風波による変化も無さそうなので、場所を選んでも物足りない状態が予想される。
    割り切って入るなら、風の影響が小さいと思われる早めの時間帯に行動した方が良いだろう。

    ビギナーアドバイス
    明日もウネリの弱い状態が続く見込みですので、ロングや浮力のあるボードの方が良いでしょう。


    タイド
    江ノ島
    湯河原吉浜

    今後の風と波(気象)

    鵠沼
    吉浜


    更新予定時刻
    04:00 / 06:30 / 11:00 / 15:00 / 18:30 / 21:30


    週間波予想

    UPDATE 05/24 12:40

    湘南


    26(木)

    27(金)

    28(土)

    29(日)

    30(月)

    湯河原・吉浜


    26(木)

    27(金)

    28(土)

    29(日)

    30(月)
    5/26(木)
    前線上の低気圧が日本の南海上の離れた位置を東へ進む見込みで、沿岸部の風は北より→南よりへ変わる予想。


    低気圧は発達せずに南海上の離れた位置を進むことから判断すると、鎌倉~平塚方面ではここからのウネリは期待出来ず、基本的には物足りないサイズが予想される。
    一方、西湘の一部では、日本のはるか東海上に中心を移す高気圧からの吹き出しや、気圧の谷の影響によるウネリによって、小ぶりながらもサイズは残る見込み。

    5/27(金)
    新たな低気圧が大陸→日本海へ進み、本州付近は前線や気圧の谷の影響を受ける模様。


    日本のはるか東海上に中心を持つ高気圧からの吹き出しや、日本海へ進む低気圧の影響によって、南よりの風・ウネリが強まる傾向だが、面への影響も大きくなるだろう。

    5/28(土)
    低気圧は日本海→三陸沖へ進み、前線は南海上を南下する模様。


    日本のはるか東海上に中心を持つ高気圧からの吹き出しや、南よりの風・ウネリは少しずつ落ち着きつつも、鎌倉~平塚方面では沖合いの西風によるウネリによって、サーフィン出来るサイズは残る予想。

    5/29(日)~5/30(月)
    低気圧は日本のはるか東海上へ離れ、日本の南海上にのびる前線が西から次第に北上する模様。





    5/29(日)の鎌倉~平塚方面は、沖合いの西風によるウネリが弱まってしまい、西湘の一部もサイズが小さい予想。
    5/30(月)は前半を中心に物足りない状態が続く見込みだが、午後は面に影響を受けつつも、日本のはるか東海上に中心を移す高気圧からの吹き出しや、南よりの風・ウネリが多少強まる可能性がある。

    ※前線や低気圧の動向次第では、予想が大幅に変更される場合があります。
    気象庁発表の最新情報を確認してください。