非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用

    夷隅 波情報

    ※1日前の情報をサンプル表示

    北エリアの場所を選べば楽しめている

    UPDATE 11/17 09:25

    この時間はコシ~カタ位を維持し、場所を選べば楽しめている!

    今後は高気圧に覆われる見込みで、風は北→北東~東が吹く予報。




    【千葉北】
    東よりのウネリは続き、台風25号の影響によるウネリの反応が見られる可能性もある。
    ただし、片貝~一宮周辺は北東風の影響が気になるため、まずは早めのサーフィンが良さそう。

    【千葉南】
    後半も東よりのウネリでサイズは残り、潮の動きに伴い波質が上向く可能性はある。
    ただし、北東風が強まると面への影響が大きくなる場所もあるので、早めの行動か御宿~鴨川方面でのサーフィンが無難。
    (H.8:12/L.13:06/H.18:19)

    明日は高気圧からの吹き出しや台風25号の影響によるウネリは続き、風は南~南西が後にやや強まる予報なので、場所によってはサイズが上がる可能性もある。

    ★気象庁発表によると、6時現在の強い台風25号は南鳥島近海(北緯26度付近)に位置し、975hPa・45km/hで東に進み、台風26号はフィリピンの東(北緯16度付近)に位置し、1002hPaでほとんど停滞している。

    今後の台風25号は東→南東に進み、19(火)の3時に南鳥島近海(北緯23度付近)で熱帯低気圧に変わり、台風26号は西北西→西南西に進み、21(木)の3時に南シナ海(北緯14度付近)で熱帯低気圧に変わる予報。



    ビギナーアドバイス
    サイズの大きい場所には入らないでください


    タイド
    太東
    鴨川

    今後の風と波(気象)

    一宮
    和田・白渚



    更新予定時刻
    07:00 / 10:00 / 18:00


    週間波予想

    UPDATE 11/17 11:30

    千葉全域


    19(火)

    20(水)

    21(木)

    22(金)

    23(土)
    気象庁発表によると、9時現在の強い台風25号は南鳥島近海(北緯27度付近)に位置し、980hPa・45km/hで東に進み、台風26号はフィリピンの東(北緯16度付近)に位置し、1002hPaでゆっくり北北西に進んでいる。

    今後の台風25号は東→南東に進み、19(火)の9時に南鳥島近海(北緯22度付近)で熱帯低気圧に変わり、台風26号は西→南西に進み、21(木)の9時に南シナ海(北緯13度付近)で熱帯低気圧に変わる予報。



    19(火)
    前線を伴った低気圧はオホーツク海に進み、大陸には高気圧があるため、日本付近は冬型の気圧配置となる見込み。

    高気圧からの吹き出しや台風25号に加え、南~南西風の影響によってサイズはありそうだが、前線の通過に伴って、風は南西→北西→北東が吹く予報なので、風向きを考慮して行動した方が良いだろう。



    20(水)~21(木)
    冬型の気圧配置は西から徐々に緩み、日本付近は移動性高気圧に覆われる見込み。

    前日からのウネリによってサイズは残りそうだが、風は北西→北東が吹く予想なので、風の影響が小さい場所を選びたいところ。




    22(金)~23(土)
    日本付近を覆っていた高気圧は東に移動し、新たな高気圧が本州付近に発生する見込み。

    高気圧からの吹き出しや気圧の谷の影響により、東よりのウネリが多少強まる可能性もあるが、風はやや強い北東~東が吹く予想なので、面への影響が目立ってきそうだ。



    ★気象庁発表の予報に基づいて予想しておりますが、その予報が変わると週間波予想も変わってくるため、毎日更新される最新の気象情報や週間波予想のチェックをお勧めします。

    プロサーファー週間エリア概況

    UPDATE 11/07

    皆さん、お疲れ様です!
    波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。
    gatyapin_2







    前回(10/31)の更新からはスモールコンディションにとっては潮の多い時間帯でボヨつきやすい中、胸以下になった日は見た目では力の弱い波が増えてしまったものの、ギリギリ狙える形をキープできていたようです。

    日中の潮の動きが小さかったので、スモールコンディションに対しては干潮に近いタイミングにチャンスが限られていましたが、火~水曜日(11/5~6)のような風の影響を受けずに癖のない胸~肩サイズが届いていた期間に関しては、潮の多い時間帯のまとまったいい形を狙えていて、一宮や夷隅を含めて対応できていました。

    それでは、地形レポートです!


    【一宮】
    11/5火曜日の14時頃。潮は引き始めでの地形チェックですが、砂の集まっているエリアがアウトになってしまい、ミドルエリアの深いセクションが広く沖と手前の地形がつながっていない様子なので、正面右側に限りショアブレイクを狙えそうでしたが、形としては今のところ不安定な状況です。
    _1
    ブレイクは途切れやすくても堤防周辺には対応できる地形が残り、1日の中でもできるだけ潮の少ない時間帯を狙った方が比較的ハッキリしたピークが見つかりスムーズに乗れる距離が延びていたと思います。
    _2
    腹~胸サイズに対しては潮の多い時間帯になると反応しても使えるエリアがかなり狭い為、干潮時以外は他のポイントに移動するつもりでチェックした方がよさそうですが、中央のチビ堤防周辺に新しい地形ができている雰囲気です。


    【サンライズ】
    11/5火曜日の15時頃。引きの中間くらいですが潮の動きが小さく満タンに近い印象での地形レポートで、最近の腹~胸サイズでは、形はコンパクトながらもアウトにできるピークがハッキリしない様子に変わり、特にこの時のような潮が満タンに近い状況になると、左右の堤防周辺を含めてボヨついた力の弱い波が多く、ショートボードでは狙える波が減少してしまうようです。
    _1
    中央のインサイドや広範囲に広がった右側のレギュラーに関してはこの時の様子からも対応できていたので、理想としては肩前後でアウトの地形を常に使えるサイズがあれば、左側のインサイドを含めて全体的にピークが増えそうですが、胸以下に落ち着いてしまうと干潮を狙ってもピークが限られて波のバリエーションもなくなっていた印象です。
    _2
    特にワイドな雰囲気はなかったので引きに向かうタイミングを基準に反応があれば形はよさそうでした。


    【東浪見】
    11/5火曜日の15時半頃。引きに向かっていますがほとんど潮位は変わっていないタイミングでの地形チェックで、右側のレギュラーをメインに形の安定した地形が残っていて、潮の多い時間帯でボヨついた力の弱いブレイクながらも腹~胸サイズまで対応できていました。
    _1
    中央ではカレントが常に目立ってしまい、左側に関しても途中で反応が鈍くなるものの、アウトからインサイドまでつながる地形があり、堤防周辺の狭いエリアですが形をキープしたブレイクでサイズのわりに距離を乗れている状況です。
    _2
    他のポイントよりも比較的スムーズなブレイクがあったので、引きが無難な狙い目ですが、上げに向かうタイミングにもチャンスがありそうです。


    【志田】
    ここからは水曜日のチェックとなります。
    水曜日11/6の14時頃の様子から地形を判断します。潮は満タンから引きに変わるタイミングで、普段よりもアウトをメインに使えていて、インサイドの深いセクションがないのでスムーズに乗れている波が多く、正面から左側にかけてはワイドな地形が広がり、癖のないブレイクのようでしたが、今のところピークとして定まっている地形はありません。
    _1
    堤防周辺のピークに関してもこの日のような胸以上のサイズが頻繁に反応して穏やかなコンディションにならないと安定しなく、全体的にこの時のような潮がある方がサイズと形のまとまりはよく、右側をメインにカレントの具合で形になるピークなので、上げに向かう方が無難かもしれません。
    _2


    【太東】
    11/6水曜日の15時頃。潮は引き始めでの地形チェックで、腰前後のサイズに対してはインサイドが深い雰囲気となってボヨついているものの、メインに狙うミドルエリアの地形は形の安定したピークが反応しているので、ロングボード用な波質ながらビギナーにも楽しめている状況です。
    _1
    潮の多い時間帯もギリギリ狙える波はあるものの、距離を狙うには干潮に近い方が使える地形がアウトに広がる傾向なので、形のまとまりとしては上げに向かうタイミングですが、スムーズさは潮が少ない方がいいのかもしれません。
    _2
    波数を含めてサイズの様子からはこの日よりも小さくなってしまうとロングボードにとっても頼りない波になりそうですが、胸以上あればショートボードで狙える波になると思います。ハッキリしないサイズですが地形はキープできている印象でした。


    【夷隅】
    11/6水曜日の15時半頃。潮の動きは小さいですが引きに向かって中間に近い時間帯で、前回(10/31更新分)のサイズアップでビーチが削られたので、スモールコンディションに対して、ミドル~アウトの地形を広く使える印象ではありますが、サイズのわりにカレントの目立った雰囲気でもあるので、コンパクトな形を狙えながらもピークの位置がイマイチ定まっていないようでした。
    _1
    しかし、流れとぶつかってスムーズにブレイクする波もあり、この日の様子からは引きの最中で反応がよくなり、胸~肩サイズが形よくブレイクしていましたので、波数や形のキープ具合では腹・胸~頭サイズまでが許容範囲となっていて、普段よりも潮の多い時間帯に対しても対応できているようです。
    _2
    オフショアや風の影響がなければ他よりもショアブレイク気味な力のある波を選べそうです。

    今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。


    さて、水温は、18℃前後なのでこの時期としては温かい状況ですが、ここ数日の朝夕の冷え込みからは3㎜フルでもラバー生地や起毛の準備が始まりそうです。


    最後に、この先の波ですが、前半で沖を通過する台風のウネリが届くと、各ポイントで今の地形に対して広く反応しピークも選べそうです。

    コンディションとしては木曜日(11/7)に日本海を通過する低気圧の影響で南風が予想されていますが、その後で入れ替わるように高気圧が移動してくる予報からは、週末(11/9~10)にかけて北東コンディションになる可能性があり、ウネリが届いた場合はサイズのわりにハードな印象になってしまいそうです。

    この高気圧が東にズレるタイミングで風の弱いコンディションに期待でき、風向の変化を含めるとウネリのまとまりは悪くなるかもしれませんが、今回のチェックのような弱い東風コンディションで意外なサイズが反応する可能性がある?のでは。。。

    気圧配置が変わりやすいのでオフショアのチャンスはありつつ、後半にかけては特にまとまったウネリが届く要因がなく落ち着き傾向な雰囲気です。

    今回は以上です。