非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用
 

    夷隅 波情報

    ※1日前の情報をサンプル表示

    風の影響を受けてしまいそう。

    UPDATE 06/04 09:30

    この時間の千葉北・片貝方面は小ぶりなモモ~コシ、北部や一宮周辺では場所を選べばモモ~ハラサイズがある。
    一方、千葉南・勝浦方面はモモ前後、鴨川はモモサイズ。

    今後は南海上にのびる前線が北上し、低気圧が西から近づいてくる見込みで、千葉北では南東~南、南エリアでは南東風が吹く予報。





    【千葉北】
    東よりのウネリに加えて、午後は気圧の谷の影響によるウネリが多少強まる見込みだが、オンショアに変わると面を乱され、コンディションが悪化する恐れがあるので、早めにサーフィンするのがお勧め。

    【千葉南】
    北エリアと同様、東よりのウネリに加えて、午後は気圧の谷の影響によるウネリが多少強まる見込みだが、南東風の影響を受けてコンディションが悪化する恐れがある。
    ☆和田~千倉方面は濃霧で視界が悪く、サイズ・コンディションが確認出来ない状況です。
    (太東:H.02:35、16:14/L.09:27、21:36)
    (鴨川:H.02:51、16:22/L.09:40、21:43)

    明日は低気圧が関東の南海上を通過し、ここからのウネリが強まる見込みだが、北→海上を中心にやや強い南西風が吹く予報。

    ビギナーアドバイス
    滑れる波や比較的サイズのある場所で早めに練習するのがお勧めです。


    タイド
    太東
    鴨川

    今後の風と波(気象)

    一宮
    和田・白渚


    新型コロナウイルス感染症拡大防止にむけて

    各地の自治体、地元団体やサーフィン団体からの要望/要請のまとめとなります。各要請に準じた判断と、モラル/マナーの遵守をお願い致します。

    要望/要請のまとめ
     



    更新予定時刻
    07:00 / 10:00 / 18:00


    週間波予想

    UPDATE 06/04 11:05

    千葉全域


    06(土)

    07(日)

    08(月)

    09(火)

    10(水)
    6/6(土)
    低気圧は日本のはるか東海上へ離れるが、南海上には前線が停滞する模様。


    低気圧の影響によるウネリは落ち着きながらも続く見込みで、千葉北では北~北東、南エリアでは北→南風が吹く予報。

    7(日)~8(月)
    前線は次第に活動を弱め、東日本付近は概ね高気圧に覆われる模様。





    7(日)は前半を中心に北東風が強く、一宮周辺や千倉は風波で多少サイズが上がる見込みだが、面への影響も大きくなるだろう。
    8(月)は高気圧からの吹き出しによるウネリでサーフィン出来るサイズは残る見込みだが、東よりの風が吹く予想。

    9(火)~10(水)
    高気圧の中心が日本のはるか東海上へ移動し、上空の気圧の谷の影響を受ける模様。





    9(火)は高気圧からの吹き出しによるウネリが続き、10(水)は南~南西風によるウネリが多少強まる見込みだが、北部~片貝方面、また、南エリアの大半は面を乱されてしまいそうだ。

    プロサーファー週間エリア概況

    UPDATE 03/27

    皆さん、お疲れ様です!
    波情報BCM「プロサーファー週間エリア概況」一宮エリア担当、太東の関田秀俊です。
    gatyapin_2







    前回(3/20)の更新からは、気圧配置的にウネリの発生するようなきっかけにはならず、カレントも弱まり整った癖のないブレイクはありましたが、腰前後のサイズが続き、上げ始めからのタイミングで形のまとまりとサイズ感がよくなる日はありましたが、力の弱い波質で乗り心地としては物足りない様子です。

    それでは、地形レポートです!


    【一宮】
    水曜日3/25の12時半頃。上げ始めで潮は少ないタイミングでした。正面左側では形が安定している堤防周辺の反応が悪く、アウトからのブレイクはありますが、ほとんどの波が中間のセクションで途切れてしまい、潮の多いタイミングを含めてショアブレイクを狙うしかない状況です。
    _1
    正面のチビ堤防~右側にかけては、最近のサイズに対して左側よりも狙える波が多く、アウトの地形が残っているで潮の少ない時間帯になるとポイントを広く使える雰囲気ではありましたが、堤防周辺ではミドルエリアが腰~腹サイズには深い状態で、やはりブレイクが途切れてしまうようです。
    _2
    潮が上げに向かっていたり引き始めからのタイミングで形がまとまる傾向ですが、最近のサイズとっては反応する地形が限られてスムーズに乗れるセクションが少なく、各堤防周辺で形が安定しているアウトの地形にはサイズ不足なので、潮のタイミングで変化しやすいスモールコンディションに対応するのが難しくなっているようです。


    【サンライズ】
    3/25水曜日の13時半頃。潮は上げ始めの時間で、地形が途切れていながらも、ショアブレイクがまとまる左側のインサイドに限っては、潮の多いタイミングで違う波質を狙えるかもしれませんが、その日のカレントの具合で形が変わりやすく、胸前後のサイズがあれば、ポイントの中でいくつか狙えるピークがまとまるものの、腰前後のサイズに対しては期待が薄い状況です。
    _1
    潮の少ない時間帯になるとアウトの地形を使えるようになるので、一見狙えるように思えますが中間のセクションで反応が悪くなってしまうので、形があってもスムーズに滑れるフェイスが短く、見た目よりも力の弱い波質のようでした。
    _2
    形が安定して狙えていた右側のレギュラーをメインに、砂の集まっている正面エリアにかけて最近のスモールコンディションでは反応が悪くなってしまい、南風コンディションの影響を受けた左側の地形に関しても、ミドルエリアの深いセクションでブレイクが途切れる波が目立つ等、この日も右側の地形で対応はできていましたが、波数等の条件からは干潮の潮止まりを含めて前後の短い時間帯に限られていたので、ピークも狭く混雑しやすい印象です。


    【東浪見】
    3/25水曜日の14時半頃。潮は上げに向かって中間くらいのタイミングで、全体的に中間のセクションが深い反応なので、形はあってもスムーズに乗れるセクションが短く、サイズ不足な雰囲気が続いています。
    _1
    潮の少ない時間帯で全体がアウトの地形を使えていながらも、左側ではカレントに影響されたブレイクが多く、インサイドまでつながる地形は限られてしまい、形の安定感はあるものの、複雑なフェイスがよけいに滑りにくそうな印象に変わり、右側のレギュラーにとっては狙い目となるタイミングですが、サイズが控えめで力の弱い波だったと思います。
    _2
    潮が多くなると全体がボヨついた雰囲気で反応が悪く、胸以上のサイズがあれば上げに向かう時間帯や引き始めのような潮の多いタイミングを含めて、中央エリアのカレントゾーン周辺の地形も狙えるようになると思いますが、最近の様子からは他よりも使える地形が狭いように思えました。


    【志田】
    水曜日3/25の15時半頃の様子から地形を判断します。潮は上げに向かって中間をすぎた時間帯で、全体に砂の集まった地形をキープし、この時のような潮が多くなる時間帯に関しても、多少のボヨつきはあるが、正面~右側の地形をメインに形にまとまるピークがあり、左側にかけて狙える地形が残っていました。
    _1
    最近のウネリに対して、他よりも走り易そうなフェイスになっていた印象だが、干潮に近い時間帯は、余計なカレントが強まり、アウトにできるピークもまとまらないとフェイスをキープできなくなる可能性があるので、中間の時間帯を基準に無難な狙い目があり、肩~頭サイズまでは形をキープしたブレイクをたもてると思います。
    _2
    話は変わり、コロナの影響でオリンピックの工事にも変更がありそうなので、4月から駐車場の出入りができなくなる予定ではあったものの解除されるかもしれません。


    【太東】
    3/25水曜日の16時半頃。潮は上げに向かって満タンに近い時間帯での地形チェックで、他と比べてサイズは控えめでしたが、この日のような東ウネリは、ここにとっても反応しやすいので、堤防の内側のハッキリした地形に対して腰前後の波も十分なブレイクとなっていました。
    _1
    潮の少ない時間帯は、アウトからの反応が頻繁になってロングボードを使うと距離を乗れる波が増えていて、この時のように潮が多い場合にはミドルエリアの地形でまとまるピークはブレイクに癖がなく、ビギナーにとっても波を見つけやすくなっています。
    _2
    形の安定した地形となっているため、腰~腹以上のサイズで風の影響がなければ、潮のタイミングで変化はあっても、1日を通して違う波質を楽しめるかもしれません。


    【夷隅】
    3/25水曜日の17時頃。潮は満タン寸前で、サイズ的には落ち着いた状態ながらカレントが目立っているので、テトラ周辺からピークに向かって出る流れがウネリに影響すると、ピークの位置が定まらず地形に対して形が複雑になりやすい様子でした。
    _1
    ミドルエリアやインサイドの地形でウネリが立ち上がる様子からは、潮が引きに向かってカレントのボヨつきが解消されれば、コンパクトなピークがまとまる可能性があり、北東~東ウネリで腹~胸以上あれば引きの時間帯に狙えるチャンスになるかもしれません。
    _2
    これまでよりも地形のバランスが手前に寄ったようにも思えるので、条件が揃えばショアブレイクを前提にした狙い方で他よりも多少力のあるブレイクを遊べそうです。

    今回のポイント毎の地形レポートは以上になります。


    さて、水温は、南風コンディションの影響はありながら特に温かくなる事はなく、水曜日(3/25)の時点で13℃前後なのでグローブはなくても問題ありませんでしたが、日中に関してもブーツは必要だと思います。


    最後に、この先の波ですが、一宮~東浪見区間をメインに、各ポイントで右側に砂が集まる傾向な為、レギュラーを狙いやすくピークがまとまる地形もあり、特に深いセクションが目立つような状況ではありませんが、潮の多い時間帯で反応が悪くなるサイズでは、1日の中でも使えるエリアやタイミングが限られてしまい、志田周辺は対応できていても混雑しやすくなってしまうと、このエリアで波を選ぶには胸以上のサイズが必要だと思います。

    ミドル~インサイドの地形で、ピークがまとまる潮の多い時間帯とハードなサイズにならなければ、アウトの地形をスムーズに乗れる潮の少ない時間帯を使い分けて楽しめる波が見つかりそうです。

    また、前線が気になりウネリには期待できない雰囲気が続き、更に週末(3/28・29)にかけて日本海と太平洋側に高気圧が配置される予報からは、前線の上下で風が強まりそうな予想です。

    風向きの変化が頻繁になると、風波にとってもまとまりが悪く、オフショアでは力の弱い波が増えてしまうので、サイズに期待できるとすれば北東頼みですが、ベースになるウネリがないとカレントに影響されて、フェイスの形やピークのポジションが複雑になるだけになってしまうかもしれません。風で余計なカレントが強まると、手前の地形にとっても悪影響になる可能性がありますね。

    今回は以上となります。