非会員上部PR枠用非会員上部ログイン用

    鮫島 波情報

    ※1日前の情報をサンプル表示

    潮の上げ込みで若干変化が出るかどうか。。。

    UPDATE 10/20 11:00

    “台風17号がフィリピンの東(北緯15度付近)で発生しました”

    この時間も静岡は風の影響はさほど無いが、静波周辺や御前崎は小ぶりなモモ前後。
    なお、磐田は場所を選べばコシ前後の波が残っているが、今ひとつな状況で、浜松方面はヒザ~最大コシサイズ。

    今後も概ね高気圧に覆われるが、上空の気圧の谷の影響を受ける見込みで、北→海上を中心にやや強い北東風が吹く予報。





    御前崎~浜松方面は、午後の潮の上げ込みで日本のはるか東海上に中心を持つ高気圧からの吹き出しによる東よりのウネリが若干強まるかどうかで、基本的には小ぶりか物足りないスモールコンディションでのサーフィンとなるだろう。
    なお、静波周辺は、後半にかけても小ぶりなサイズが予想され、北東風の影響が大きくなる恐れがある。
    (H.07:59、18:58/L.01:09、13:35)

    明日は海上を中心にやや強い東~北東風が吹く予報。
    風波や高気圧からの吹き出しによる東よりのウネリが強まる見込みだが、場所によっては面を乱されてしまいそう。

    ※気象庁発表によると、午前9時現在・台風17号は、フィリピンの東(北緯15度付近)に位置しており、中心気圧1000hPa・25kmで西北西に進んでいる。
    今後も西よりの進路を取り、明日21(水)~24(土)にかけて南シナ海(北緯16度付近)、25(日)にはトンキン湾(北緯17度付近)へ進み、中心気圧992hPaとなる予報。



    ビギナーアドバイス
    潮が引いてなんとか練習出来る場所が増えていますが、静波周辺は風の影響が大きくなり、また、風が強まると流れが発生する恐れがあるので、十分に注意してください。


    タイド
    御前崎
    その他のポイント

    今後の風と波(気象)

    静波
    御前崎メイン
    潮見坂・県境


    更新予定時刻
    07:00 / 11:30 / 18:00


    週間波予想

    UPDATE 10/19 12:25

    静岡


    21(水)

    22(木)

    23(金)

    24(土)

    25(日)
    10/21(水)
    高気圧の中心が北日本付近→北海道の東海上へ移動し、本州の南海上には前線が停滞する模様。


    外海を中心に高気圧からの吹き出しによるウネリが強まる見込みだが、東よりの風がやや強まる予想のため、比較的風の影響を受けづらい場所でサーフィンするのが無難。

    22(木)
    高気圧の中心が日本のはるか東海上へ移動し、本州付近は前線や気圧の谷の影響を受ける模様。


    高気圧からの吹き出しによるウネリが続く見込みだが、前線や気圧の谷の影響などで、東よりの風が吹く予想。

    23(金)~24(土)
    発達した低気圧がオホーツク海方面に進み、次第に西高東低の気圧配置となる模様。





    23(金)は前半を中心に高気圧からの吹き出しや、南風によるウネリが強まる予想だが、面への影響も大きくなるので、期待は出来ない。
    24(土)は前日の風波やウネリは落ち着き、後半の御前崎~浜松方面では寒気の影響による西風のウネリが多少強まる見込みだが、まとまり無いコンディションが中心となるので、比較的風の影響を受けづらい場所へ。

    25(日)
    西高東低の気圧配置が緩み、朝鮮半島付近に中心を持つ高気圧が張り出してくる模様。


    御前崎~浜松方面ではサイズが残る見込みだが、上空の寒気の影響などで西よりの風がやや強まり、静波周辺はオフショアに抑えられた厳しいコンディションが予想される。

    ※低気圧の動向次第では、予想が大幅に変更される場合があります。
    気象庁発表の最新情報を確認してください。